洒落怖
禍々しい箱

この怖い話は約 3 分で読めます。

最近、自分は周りと違うんだと確信した。
あるところに行かなきゃいけないこともわかった。

が、なんだろな。誰かに聞いてもらいたいんでここに書いていくよ。
ちょっと長くなるが、読んでくれると嬉しい。

まず、簡単に自己紹介する。
俺はもう37であと数ヶ月で38になる。だが多分38になることはないんだと思う。
もう片腕は動かなくなってる。
そうだ。
自己紹介に書いておくが、ヤバそうだと思ったら最後まで読まないほうがいいかもしれない。
多分、何かしらの影響を受けると思う。

俺は家は海軍の家系で爺様達はwikipediaや教科書にも載っていて、直接会ったことは当然ないんだが、夢の中によく出てくる。
厳格な表情と厳しい眼差しで俺を囲むように立ち、ただ俺を見つめているだけだが、
その瞳の奥は優しくて、俺に力をつけろと言ってるように感じていた。

そんな家柄なんで、物心つく前から古武道(剣道と合気道、柔術が合わさったようなやつだ)をやらされ、
夏休みはいつも山奥の神社に預けられ、お経や座禅をやらされてた。

幼稚園、小学校もカトリックで、校長は親戚のシスターだった。
そこでも何故か毎週月曜日に聖堂に呼ばれ、ロザリオを数周するまで祈りなさいと言われ、
天にまします我らの父よ、願わくは皆の尊まれんことをと、祈りをさせられてた。

それだけでも、今思えばおかしいんだと思うが、何というか感づいてはいたんだが、認めたくなかった。
気づける要素は沢山あったと思う。

130 本当にあった怖い名無し sage 2014/03/01(土) 19:49:08.03 ID:UG7s3h6G0
例えば、小さい頃に雪山で谷に落ちた。
かなり転がって谷底まで落ちて、雪に完全に埋まる状態まで埋まり、多分上から探しても全く見えないレベルまでだ。
俺はそこから普通に這い出した。
周りの人間はびっくりしていたが、両親は冷静だったのを覚えてる。

また、バイクで峠を攻めて走っていたときに、ブラインドコーナーの内側に人がいて、曲がりきれずに100km以上の速度で山に突っ込んだ。
バイクは大破して廃車。俺は30m以上も山の斜面を転がりながら登った後、そのまま谷に落ちた。高さは50mくらいかな。
ツナギとか脊髄パット入れてた訳じゃない。が、無傷だった。
俺は普通に立ち上がり、谷を登ってバイクのところまで歩いたが、自分の胴くらいはある木が俺の転がったところで2本ほど折れてた。

もう一つあるのが、その事故は梅雨くらいの時期だったんだが、その折れた木の一つは桜の木で、
事故から数週間経ってから見に行ったんだが、その時に花が咲いていたんだ。

他にも、格闘技をやっていた関係で喧嘩では手を出すなと言われてたんで、
不良に絡まれて集団でボコられた時も痛くもないし無傷だとか、
まあ他にも色々あるんだが、自己紹介という意味ではもういいな。

俺はこれらのことを、運がいいとか、子供の頃から信仰に関わったおかげで、カルマの成す業かとかずっと思っていた。
これだけ聞くと、悪い話じゃないと思うだろ?多分、始まりは生まれた瞬間から始まってるんだが、いい話だけではないんだ。

131 本当にあった怖い名無し sage 2014/03/01(土) 19:50:26.07 ID:UG7s3h6G0
俺にはもう両親も一族もみんないないし、たまにすごい高熱を出して寝込むことがあった。
大好きだった小学校の先生、高校の頃に隣に住んでいた彼女、社会人になったときに、
同じく恋人を失った過去があって仲良くなって付き合い始めた彼女も、もうこの世にいない。

この怖い話にコメントする

禍々しい箱
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています