踏み入れるべきではない場所

334 踏み入るべきではない場所 1/7 sage 2005/09/30(金) 11:21:32 ID:ItZOrWPy0 始めに書きますが、とても長い話です。 よろしかったらお付き合い下さい。 私がまだ小学校低学年の幼い子供だったころに、 趣味で怖い話を作っては家族や友達に聞かせていました。 「僕が考えた怖い話なんだけど、聞いてよ。」ときちんと前置きをしてからです。 特にじぃちゃんが私の話を喜ん...続きを読む

寝返り

39 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2000/09/19(火) 02:23 小学生の頃、夜ふと目覚め、隣(1メートル位先)に 寝ている母親の頭部のあたりにぼんやりと視線を向けた。 こっちを向いているのか、わからない事に気づいた。 異様な緊張を覚えつつ、その真実を確かめたい衝動にかられた 私は母の頭部の在るであろう暗闇の1部をじっと凝視した。 だんだんと、暗闇に目が慣れてきた・・...続きを読む

溺れた時

237 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2000/10/09(月) 13:21 子供の頃、泳げないのに大磯の海へ行き溺れたんだけど、もう、太陽の光がきらきらと水面から差し込んでるのを 「わぁー、きれいだぁ」なんて感覚になって、もう苦しいとか助けてなんて感情が無くなった時、でっかい手が後ろから自分を抱き上げて(小学3年の時だったけど、感覚的には脇の下から腰あたりまであったような感じ...続きを読む

トイレ覗き

242 名前:こわくないかな? 投稿日:2000/10/11(水) 18:06 俺が中学生の頃の話。 夜9時ごろ、自宅のトイレで大をしてたのね。 ふっと横の窓を見上げると、変な顔があった。 その窓は、家の外(裏側の、軽自動車がやっと一台通れる程度の路地) に直接面している窓。 ガラスに顔をべったりとくっつけている感じで、鼻や頬が押し付けられて平べったくなってた。 一瞬髪の毛が逆立ったんだけど、すぐ...続きを読む

シーソー

864 名前:実話 投稿日:2001/01/28(日) 21:51 私が子供の頃、体験した話しです。 近所の公園にシーソーがありました。 ごく普通のシーソーで、右に下がったり左に下がったり ちゃんと動いていました。 ところが、ある日、近所の少し頭の変な子供が野良猫を捕まえて きてシーソーの下におき、思いっきりシーソーを下げて、ぐしゃぐしゃに 殺してしまったのです。 それから、なぜか何も乗せてないと...続きを読む

サンドイッチ

67 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/07(水) 15:47 高校生の頃、俺のクラスにいつもいじめられているオタク風の根暗なデブ男がいた。 実を言うと俺もいじめていた1人だった。 そんなある日の昼休み。俺はあるプリントを5時限までにやらなくてはならず、 昼食を食べる間も惜しんで書き進めていた。 ふと気がつくと教室には4、5人の生徒がいるだけで、ほかの奴らは学食や屋...続きを読む

後ろを誰かが

444 名前:場繋ぎ小話。 投稿日:2001/02/21(水) 01:30 場繋ぎに、ほんの小話でも。 中学生のころのある正月、友人2人と私とで初日の出を見に行くことになりました。 朝方の5時ごろ、日の出までまだ間があったので友人の部屋(2階)にとりあえずお邪魔、 炬燵を3人で囲むことに。 しばらくして家主の友人が階下にお茶を入れにいき、私は階下への階段を背にする壁側に、 もう1人の友人は私の斜め...続きを読む

今神様やってるのよ

805 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/26(月) 21:32 うちの母方の実家が熊本県にあるんですけど、 ずっと実家に住んでいる母のお姉さんが先日遊びにきました。 ちょうど「ターミネーター2」がやっていて、皆で見ていたんです。 その中のシーンで、核が落ちた瞬間かなんかの想像のシーンで、 遊んでいた子供達が焼けちゃうシーンありましたよね。 あれみながら、「瞬間で皮...続きを読む

ハトコの話

おれのハトコがいわゆる見える人なんだが、そいつの話をしようと思う。 これはうちの母親から聞いた話。 小四のころ、よくハトコは学校から家へまっすぐ帰らず、寄り道をして友達と遊んでから帰った。 当然帰りは遅くなり、母親に叱られて、家の蔵に閉じ込められてしまったそうだ。 しばらくするとハトコの泣きわめく声がする。家に聞こえるほどだったらしいが、母親は出さなかった。 でも、騒ぎを聞き付けた隣のじいちゃんが...続きを読む

ケンケン婆あ

449 1/4 sage 2005/06/12(日) 12:28:17 ID:1tlDSaoL0 子供の頃近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にその山で遊んでた。 この山の通常ルート(小さな山なので、登山道というよりは散歩道)とは別に、獣道や藪をつっきった先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば格好の遊び場だった。 小さな山だったから、俺たちは道のあるとこ無いとこ全て知り尽く...続きを読む