ビビリな俺の体験

518 本当にあった怖い名無し 2008/11/01(土) 05:03:09 ID:z9uwxAL80 当時俺は彼女がいた。 俺も彼女も怖い話、ビデオ、怖いものは大好きだったただ違いは 俺は霊感0、お化け見えないし、体験もない、彼女、霊感ありすぎ、もちろん見える。体験も多々ある。 そんなカップルな訳で俺はいつも彼女に 心霊や、お化け関連に関してはビビッて負けていた。 ある日に彼女と俺が共通して見て...続きを読む

マイミク

385 本当にあった怖い名無し sage 2011/05/27(金) 23:09:39.59 ID:Yl6GOjC90 昔、mixiをやってたんだが、ある日知らない人からメッセージが届いた。 文面から察するに、どうも俺がプロフィール欄を埋めるために適当に設定していた偽名を見て 俺を自分の友達か何かと勘違いして声をかけてきたようだった。 すぐに人違いだと説明すると「でもせっかくだからマイミクにならな...続きを読む

ザビエル

さっき起こったことを投下させてれ mixiで女ひっかけたんだけど、その女が怖い。 メールでエッチなこと送ってきて、電話したいいうから電話したら、向こうでフフフって笑ってるの。で、どうやら感じてるみたいなんだ。写真送って言うたら、送ってくれた。 普通のコだった。でも、なんか違和感を感じたのもあったし、自分の写真は送らなかった。 そしたら、鬼電。おにメール。 メールは最初の2,3通見て消したよ。 内容...続きを読む

あまめ

俺が体験した怖い話。 三重県の、とある山林の奥に小さな祠があるんだが その祠には小さな古ぼけた巾着袋のような 布で、できた袋が入ってるんですよ。 その祠には [あまめが眠る。開けるな] と、書かれた色褪せているポスターのような紙きれが貼られているんです。 あまりに不気味な雰囲気を醸し出してる祠には 誰も近づくことなく、親や地元の人に訊いても この祠について何も知らなかったんです。 だた… この祠に...続きを読む

電脳神

規制がキツい…転送して携帯からカキコ 面白い話を聞いたので初カキコ 大学時代の友人の話 結構なオタクで今でもmixi(笑)にガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。 この前たまたま新宿であって「ちょっと茶でも飲もうや」ってことになった。 なんか人身事故かなんかでめちゃめちゃ混んでたから時間つぶしたいらしい。 社会人として一年上(俺は3年時に留年したw)のソイツ(Tとしよう)に新入社員としての...続きを読む

とある かぞくが のこした ブログ

「とある かぞくが のこした ブログ」・・・架空の家族のブログを載せたHP 内容は、ある夫婦がブログをやっている。しかし「お互いのブログは見ないリンク・トラックバックしない」と言うルールがありお互いに内容は知らない。 その夫婦に娘が生まれ、大きくなって娘もブログをはじめる。 最初のしばらくはネットの安全などを考え娘のブログを見ていたがそのうちルールに則り両親は娘のブログを見ることをやめる。 親に見...続きを読む

嫁との共有体験

503 本当にあった怖い名無し sage 2008/08/31(日) 04:31:29 ID:dY2xrbm40 怖い夢を見た。 俺は会社からの帰り道、歩きながらワンセグケータイでニュース観てたんだ。 そしたらニュースでうちの近くで犬が殺されたってニュースやってた。 犬の飼い主が散歩中に眼を放したすきに知らない女が犬を殺して逃げたらしい。 で、飼い主が半狂乱になりながらニュースのインタビューに答え...続きを読む

怖いmixi

友人から聞いた実話。 mixiって知ってるよね? 中には何百人もマイミク作っている人もいるかも知れない。 実際に体験したのは友人のマイミクなんだけど、 そのマイミク氏(以下X氏)もミクシィを毎日のように活用して徐々に友達を増やしていった。 ある日、X氏のマイミクの一人が突然、失踪したらしい。 そのマイミク(以下Y氏)は職場に行くと告げたきり、誰にも言わず失踪した。 それをX氏が知ったのは一週間後。...続きを読む

タキさんの

はじめて書き込みます。 怖い話かどうかは解りませんが僕が7年程前に体験した実話です。 当時、僕の仕事はファミレスの店長。故郷大阪を離れ夜遅くまで日々奮闘。 店長としての経験も浅く、人の考え方や年齢の違いに四苦八苦。 自分が関西人ということが武器になったり、それゆえ言葉がきつく受け取られたりで いろいろなことに気付かされていた。 店の移動が決まり、前の店長からお店を引き継いで、 店の問題点をリストア...続きを読む

時刻表を見る女

先日まで、パソコンの不具合のため本日書き込みます。 今から一週間前の話。 私はオカルト話が大好きなのでその日は夜の9時くらいに近くの書店に怖い話の本を買いに行きました。 結局3冊買いました。 家に帰って、買った本を夢中で読んでました。一冊読み終わり、ふと時計を見るともう深夜の1時。 まだまだ読めるな、と思い2冊目に手を伸ばす。 2冊目を三分の一くらい読み進めたところで無性に喉が乾いてきたので近くの...続きを読む