呪詛
1 / 3page
鬼伝説の山
俺が中学生のときだった。 いじめられっこだった俺は、夏休みになると祖母の住む田舎に帰省していた。 山に囲まれたA野という地区で、もともと俺の家族も暮らしていた。
マガガミさん
うちの母方の婆ちゃん家がある村での話。 申し訳ないが俺自身にも真相?的なものはわからないから、すっきりしないし、オチみたいなもんはない。 本題に入るけど、婆ちゃ
逆さの樵面
836 1/12 sage 2005/12/11(日) 20:07:10 ID:CUnu3Rn40 私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点
赤い仏像
322 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/05/04(月) 01:25:49 ID:nuJ7Q8cXO お久しぶりです。 前回は夏の話をした
シュウ
753 シュウ sage New! 2009/02/10(火) 00:26:32 ID:/smSeG5W0 自分では洒落にならないくらい怖いことがあったので投下
荒魂にまつわる話
豚切り失礼する。 私の大学の知人に部落出身者がいた。知人の出身部落は山間の村で、 村まるごと部落らしい。(江戸時代には皮なめしを生業にする人が多くいたらしい。)
埋められた鳩
「埋められた鳩」1 高校の頃、鍵を忘れて、家に入れなかったことがあるんだ。 時間的に1時間もせずに母上が帰ってくるはずだったから、近所のゲーム屋で暇でも潰そうと
押入れの姉
小学生のころ、不思議な体験をしました。 自宅で昼寝をしていると姉に起こされ「押入れの中に誰かいるから見てきてほしい」と言うのです。 両親が不在だったので唯一の男
呪詛
相も変わらずこのスレは荒れてるようで。 怖い話の怖さとはそれを見聞きする環境にも左右されるのはご存知の通りだと思いますが、 現在のスレのような状況では仮に良質な
つんぼゆすり
こどものころ伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが戦時中、本土空爆がはじまるころに 祖母と当時小学生の伯父の二人で田舎の親類を頼っ