確認

512 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/07/07(月) 14:26:20 ID:0diiN6jo0 週末、車で東北地方へ行ったんです 高速道路ペースがゆっくりなんです ガソリン高でエコドライブ&安全運転も結構ですが 遅すぎる車を遅い車が抜くから なんだかかえって危ない感じでしたね 実はとある東北の田舎で納骨式だったんです 暑かったですねぇ…でも今は田舎の寺でも冷房効いてて ...続きを読む

隠されてた箱

622 本当にあった怖い名無し New! 2009/10/04(日) 21:27:56 ID:mgqhmySCO 怖い話というか質問いいですか?普段はオカ板見ないんでどこに書き込めばいいのか分からないのでこのスレをお借りします。 先月祖父が逝去し祖父が自室として利用していた部屋を兼かねた蔵を父と一緒に整理していたんですよ。 お恥ずかしながら悪い意味で古い家なもんで倉も老朽化が激しく、この機会に蔵を...続きを読む

ヤマノタミ

930 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/05(日) 19:25:07 ID:zR8wgRup0 俺の父方の祖先は九州の山奥の領主だった。 これは、父が自分の祖父から聞いた話(つまり俺にとっての曽祖父、以下曽祖父)。 曽祖父の両親は田舎の名家ということもあってかかなり厳しい人間だったらしい。 幼かった曽祖父は何かいたずらをする度に激しく怒られた。 そして怒られる時は必ず「埋めるぞ!...続きを読む

祭りの狂気

オカルトではないし話下手だが、祭・子供繋がりで一つ実話を。 この五年以内の話。 某だんじり(岸和田ではない)に参加する女衆が、町ごとの法被の配色 (他の町と被るといけないので、代表者達が集まって決めるらしい。 人気のある配色は取り合いになる)をめぐって大喧嘩。 その結果、人気の配色を奪い取った町の女衆の一人(妊娠を隠して参加していた)が、 隣町の女衆に暴行を受けて流産してしまった。 可哀想だけど、...続きを読む

蛇神の小堂

うちにもそういう言い伝えがあるな うちは田舎の旧家なのだが、庭に先祖代々祀られてきた小堂がある 小堂の中には蛇神の化身を祀っているらしいが、おれは見たことがない 蛇神の化身は家の守り神で、大事に崇めていれば家は栄え、有事の際には手を差し伸べてくれるとか たとえば、屋敷が火事にみまわれた時、火消の若い衆が駆け付けるより早く、 20人ほどの若い男たちが現れ、あっという間に火を消し、立ち去ったという さ...続きを読む

これを書いていいのか

177 本当にあった怖い名無し 2012/08/23(木) 17:45:42.27 ID:Hl5mz8r+0 流れを無視して投稿 今から20年近く前、小学生の時に田舎に預けられた時の話。 従姉妹と一緒に本家・母屋で祖父・祖母と5人で1ヶ月近く過ごしていて 毎朝のラジオ体操が楽しかったが、それ以外には畑仕事を手伝う程度しか する事も無く、先祖の墓掃除さえ楽しかった。 ある日、3つ&1つ上の従姉妹達と...続きを読む

賽の河原

その時にイタコで有名な恐山に行った。 旅行の写真をあとで見せてもらったのですが、その時に写真にとても奇妙な、気味の悪い写真 が数枚ありました。といっても別に霊が写っているというのではありません。 それは小石を積んだ賽の河原の様な所で彼女を撮った写真なのですが、少しソフトフォーカス がかかっているというか、ピントがぼけているというかちょっとボヤッとしたした写真で、 見た瞬間に気持ち悪いというか、ぞっ...続きを読む

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃に起こったという話。 私の故郷の村には生贄様っていう風習があった。 生贄様っていうのは神様に捧げられる神様の事だ。 生贄様は家畜の中から選ばれる・・・村の牧場や養鶏場に居る家畜の中から〇〇〇〇の月の月曜日の夜に産まれた家畜の中に小さな青色の瞳をした家畜が生贄様、生贄様は人の言葉を喋る。 その殆どはデタラメな言葉だけどたまに「見先言葉(みさきのことのは)」と呼...続きを読む

蔵の中

俺のじいちゃんが住んでた田舎の実家には、 結構でかい倉が2つある。家自体もそこそこ大きいんだが、 そのうちの倉の一つは、俺が田舎に住んでた小学生くらいまでの 時に、なんども中に入って遊んでた。中はなんかの農作業器具だの 米袋だの、色々置いてあったりしたけど、別に普通の物置って感じだった。 倉の中もそこまで暗くなくて、俺が街に引っ越した後も、家族で実家に 里帰りした時は(中学生くらいまでだけど)その...続きを読む

紙芝居屋

田舎の話を書く。 小さい頃住んでた田舎の公園に、よく紙芝居屋が来ていた。 高齢で、60前後に見えた。 昭和の終わりにもなって紙芝居ってのもなかなかの話だった。 レトロブームが来る前のことで、酔狂なひとが趣味でやっているのでもないらしかった。 もう、昭和30年代からずっとやってます、って感じ。聞いたわけじゃなくて、ずっと通ってたイメージだけど。 そのじいさんは毎週公園にきて、ふつうに紙芝居をやってい...続きを読む