こけし御殿

こけしの話、もしくは青山(仮名)の話 俺の地元(糞田舎)の友達で、親の医院をついで産婦人科医になった奴がいる、まあ、仮に青山としておこうか。 青山とは小学校、中学校のころの同級生だった、勉強が出来たし悪い奴ではなかったがちょっと変わった奴で、 なんというか、天然系で男のくせにオカルト大好きな奴で俺含めて男子の奴らからはちょっと浮いている存在だった。 中学2年くらいの有る日の放課後、教室でだべってい...続きを読む

人形

473 人形1 sage 2009/06/16(火) 14:54:13 ID:KeXnxx6w0 みんなこれだけは絶対に苦手or怖い物ってあるよな それは人それぞれだろうけど俺の場合は「人形」なんだ 高校の頃、少し荒れてた学生生活を送っていた俺はいつものように カバンに鉄板を詰めて昼休み登校しようとしていた 家は裕福な家庭で、世間体もよく、そこが俺が荒れる原因でもあったのだが コレは関係ないので省...続きを読む

ベビー-短編

341 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/25(火) 19:58:03 ID:NQ+5YAhC0 先月家で法事があったので他県から従姉妹がやって来た。 その時に聞いた話。 以下、従姉妹(S)と私の会話。 S「近所の公園に子供連れて散歩に行った時なんだけどね。」 私「うん。」 S「向こうからベビーカー押して来る女の人居たから、  なんとなくスッとこっちから避けたの。  そしたら、向こ...続きを読む

生き人形

439 名前:生き人形 投稿日:2000/08/24(木) 01:06 一応載せておきます 呪いの生き人形。 稲川淳二氏が、TV等の心霊特集に欠かせない存在になった切欠の心霊体験談がこれです。 この話は稲川淳二氏自身ももちろん、TV、雑誌、漫画等も今だに敬遠しています。 それはなぜか・・・・・・祟りがあると噂されているからです。 いや、正しく言えば今だに関係した者達に祟りが起こっているからです。 ...続きを読む

人形の家

855 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/01/28(日) 12:51 おととい友達の家に泊まりに行って、夜散歩してたら友達がそういえば この辺に人形がかざってある家があったなー小学校の時行った、 といって いくことになって行ったら、友達も場所うろおぼえでここだっけなーとか 言う感じでいってて、なんか細い道で二人やっと通れるぐらいの道で、周りは ぼろい物置ごやとかぼろい家...続きを読む

タモリ人形

322 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/17(土) 18:39 知り合いのおばさんの家のとなりに頭の可笑しい人が住んでて、庭に 5メートルぐらいの棒がさしてあってその先にたもりの人形がさしてある んだって。 手を前にだして手袋してる。あるひおばさんの家にそのひとが きて、「おまえんちの換気扇がうちに向いてる!!!」とかいって怒って きたんだって。そのひはなんとかな...続きを読む

人形ばあさん

475 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/22(木) 17:00 小学生の頃のお話。 W県です。通学路の途中にいつも西洋人形を抱いている おばあさんがいました。そして、通りかかる小学生に『ウチに寄っていき~』 等、話しかけるのでかなり有名でした。 子供同士のウワサでは「家にあがると殺される」だの色々な噂が飛び交って いました。 ある日、友人が「人形ばあさんの家に行っ...続きを読む

気持ち悪いスナック

522 名前:百太郎 投稿日:2001/02/24(土) 20:08 待ってても誰もこないので自分ではなします。 7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。 当時、六本木にある会社に勤めていましたが、 けっこう夜遅くなることが多かったんですね。 まあ、仕事半分遊び半分ってところです。 で、当然終電はなく、タクシーで帰ることになります。 私はそのとき横浜市のtに住んでいて、六本木からだと40...続きを読む

779 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/02/26(月) 13:33 ある日、オレがまだ厨房だったころのはなしだ・・・ これ前にも書いた気がするけどまぁいいや。 学校からのんびりと友達と一緒に歩いていると、某有名デパートの前に 人だかりが出来ていた。なにかな?と思って覗いて見ると、ヤクザ風のおじさんたちが 音楽に合わせて踊る紙人形の街頭販売をしていた。 すごいねーとか周...続きを読む

市松人形

418 名前:ぺクチマ 投稿日:2001/04/06(金) 18:36 市松人形の話 押し入れに一体の市松人形が眠っていた。 厳重に包まれて桐の箱に大事そうに入っていおりその為あって保存状態はすばらしく良かった。 長く黒い髪、白い肌、赤い蝶の刺繍が入った着物。 これは高く売れると質屋に持っていった。 質屋もその人形をたいそう気に入りガラス窓の一番目につく場所に飾った。 ある日、一人の少女が店の前を...続きを読む