本当にあった事件
防空壕探索の代償

この怖い話は約 3 分で読めます。

808 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/07/13(水) 18:53:02.72 ID:S1kRq45M0
怖いかどうかは分らんが、
昨日久しぶりに友人と酒を飲んでて思い出した話を一つ。
小さな事件だったけど、全国紙にも載ったし、ニュースにもなってたと思う。
空気を読まず長文れす。苦手な人はスルーして下さい。

登場人物は、
A=リーダー格        B=Aの幼馴染
C=大人しくて、頭がいい。 D=俺

俺の地元は近年都市のベッドタウンとして開発されるまでは、結構寂れた寒村だった。
コンビニはおろか、自動販売機すらチャリで20分くらい走らないとないような田舎と言えば分りやすいと思う。
で、当然そんな田舎に娯楽施設なんかもないわけで、
当時小学生だった俺たちは、家同士が近いこともあって、小さな山(標高100m位)とその麓にある公園で遊ぶのが

日課となっていた。
かくれんぼや鬼ごっこはもちろん、
公園のほとりにある池では鯉やフナ、ブルーギル、ブラックバスなど色々な魚が釣れるし、
山に入れば、クワガタやカブトが面白いように取れる。俺達以外にも小さな子を連れた母親たちが良く遊びに来

ていたのを覚えている。

810 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/07/13(水) 18:59:04.80 ID:S1kRq45M0

そんな中、Bが面白い話があるとニヤニヤしながら俺たちを集めたのは、
丁度今頃のような梅雨明けの蒸し暑い日の事だった。
小学校のグループワークで地元の歴史について調べていたBは、
地元史の中から面白い記述を見つけていた。
曰く、俺たちの遊び場となっていた山はいくつかの古墳が残っており、
戦時中はその古墳を利用して陸軍の演習場及び武器や弾薬の倉庫、防空壕が存在していたというのだ。
陸軍・防空壕と聞いてドン引きする俺とC。
Aは興味をひかれたような顔をしていた。

B「なぁ~、面白そうだろ!! でさ、明日この防空壕に行ってみないか??」

怖いもの知らずのBは喜色満面。
怖がりな俺とCは断固として拒否したが、あろうことかリーダー格のAが賛成してしまった為に、
やむなく俺たちは山中にあるという防空壕に行く事となってしまったのだ。

812 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/07/13(水) 19:02:14.31 ID:S1kRq45M0
>>810の続き

この怖い話にコメントする

防空壕探索の代償
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています