じわじわくる怖い話
18歳の子を呼んだはずなんだがババアが到来した件について

この怖い話は約 4 分で読めます。

VIP板「デ*ヘルに18歳の子を呼んだはずなんだがババアが到来した件について 」より

もう、それは恐ろしいほどのババア。びっくりするぐらい、最早ババアの中のババアだったね。
昨日のことだ、俺はちょっとムラムラしていた。生理前だからな。男だけど。
そんなわけでデ*ヘルでも呼んでパーリーピーポーしようと思った。
18歳ってことはアンタ平成生まれですよ。
これはヤバイって思った瞬間に俺の指はデ*ヘルへとダイヤルしていたね。
そのスピードたるや何かこう神がかった物を感じて、俺は胸がじぃんと熱くなるのをこらえ切れなかったね。
目頭を押さえながらその18歳の子を呼んだわけですよ。で、来たわけですよ。で、ババアなわけですよ。

どうにもこれはいけすかねえなあと思ったんで、一応年聞いてみたんだよ。
「あの、18歳…ですよね?」
「そうですよ」
声がね、もうしわがれてるの。スナックのママみたいな声さ。
ほらアレ大抵ハスキーボイスでしょ?あんな感じよまさに。
チェンジしようと思ったんだけど、「できません」っつーの。
しわがれハスキーで。低音の魅力で言うもんだから俺も何か言い返せなくて、
でも実際チェンジってできるもんでしょ?何考えてんの?って思って、とりあえず食い下がってみた。

「いや、できないって…普通できますよね」
「いえ、うちは高級な店なので」
高級な店、高級なババア。でも、どうみても時価600円なんだよそいつ。あとどうみても50過ぎてる。
若く見積もって53歳。ただセーラー服で来た事には思わず感服した。
この女性~ひと~はどれだけの勇気を振り絞ってと。
老体に鞭打ってわざわざ降臨召されてるわけですよ。とりあえず泣いた。
ひとしきり泣いてから、チェンジできねえか食い下がったけど断固「駄目」っつうの。
「駄目」ってなんだよ。
だんだん腹立ってきて、つうかセーラー服にも腹立ってきて、何で着てるの?って尋ねたら「学校帰りだから」って言うの。

もうむちゃくちゃ言うなあんた!ってキレてやりたい。
そしてノーマネーで終了したかった。でも、目が怖いの。
何か、目の前でガゼルがヒンズースクワットしてるのを観てる虎の目。
俺がガゼル。ババアが虎。鋭い。超鋭い。絶対触れるものみな傷つける。
意を決して「50過ぎてますよね?」って聞いてみた。
ややあって「…18だっつってんだろ」って。切れちゃったこの子。いやこの方。
そんな感じのやり取りを続けると俺も訳わかんなくなってきたんだ。
俺があいつであいつが俺で。さびしんぼう。
俺が18でババアが53歳で。俺がババアで18歳が53歳。訳がわからなくなってきた。

俺は状況を整理しようと、いったん落ち着くことにした。
煙草に火をつける。むせる。煙草なんて吸えないからな!
でも18歳のデ*ヘル嬢にかっこつけようと思って自販で買ってきた煙草。涙が出てきた。
そしたら、ヴァヴァアが俺の煙草取って勝手に吸ってんの。もう、何か腹立って腹たってしょうがないの。
「お前18歳だろ?未成年が煙草すっちゃ駄目じゃねえの」って皮肉ってやった。江戸っ子だから。道民だけど。
「不良だもん!」ハスキーボイス。超低い。超テナー。超ベース。超怖い。目が。目が怖い。

先刻からずっと溜まってた性欲はいつの間にか消えてた。
それより怒りゲージがかなり定規とか使って連打しまくって溜まってきた。
そういえば、高橋名人って今何やってんの?
まだスイカを16連打で割れるの?っていうかアイツの職業何?連打師?
ヴァヴァアが10本目の煙草をくゆらし始めた。俺は1本目。
っていうか物凄い沈黙。あれだ、あんま仲良くないバイトの後輩との休憩時間。
休みの人か何してんすか?
サーセンwwwww先輩友達いなかったですもんねwwwwww的な。一方的になんか俺が悪い感じ。
いい加減帰ってもらおうと思って、「あの、もうわかったんで帰ってもらえませんか?」
って言ったら「えー、しないの?」って。最初地鳴りかと思ったもん、低すぎて。
とりあえずキレそうになったので、こらえてつかあさいこらえてつかあさい
と自分にしこたまいい聞かせた。しこたまって何かエロイワード。
「もう良いんで。帰ってください」
「でも、料金はもらいますから」
俺は切れた。

この怖い話にコメントする

「18歳の子を呼んだはずなんだがババアが到来した件について」と関連する話(じわじわくる怖い話)

18歳の子を呼んだはずなんだがババアが到来した件について
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています