ストーカー・きちがいの話
刃物人間

この怖い話は約 2 分で読めます。

従兄弟の数年前の体験談。幽霊関係無いけど。
当時、車の免許を取ったばっかりだった従兄弟。何かトラブルを起こしたら怖いと会社と家の間の移動はしばらく徒歩と電車だったそう。
そんな従兄弟、ある日残業で夜遅くまで働いていた。
何とか電車に乗ることができ、電車を降りて駅を出てから家までひたすら歩く。
その家までの帰り道で従兄弟は何かが落ちているのを見つけた。
革でできた何かは恐らく財布かパスケース。お人好しすぎる従兄弟はそれを交番に届けることに。
家に向かっていた足を方向転換させて逆の方向の交番へ向かった。
途中の自販機でオロナミンCを買ってチビチビ飲みながら歩いていると前から人が歩いてくるのに気が付いた。
こんな時間におかしい!幽霊か!?そう思って前から歩いてくる人を観察したが顔もある、手もある、足もある。普通の人。

166 本当にあった怖い名無し sage New! 2014/01/05(日) 20:54:44.60 ID:U2OaUR2g0
だが、普通の人がこんな時間に暗い道を一人で歩くか?そう思っていたら声を掛けられた。
「お前だろ?お前だろ?お前だろ?お前だろ?お前だろ?お前だろ?」
こんなことをブツブツ呟いて近付いてくる。ここで従兄弟は幽霊じゃないけど別の意味でヤバイ人と確信。
更にその人は刃物?鋭いものを取り出して「ニノニノニノニノ……」などとワケの分からないことを呟く。
ヤバイ、走らなきゃ。逃げなきゃ死ぬ。そう思っても足が動かない従兄弟。
相手は非情にも距離を詰めてくる。1歩、1歩、また1歩…………。
ここでとっさに従兄弟は飲みかけのオロナミンCを相手に投げつけた。相手がひるんでる隙にすかさずダッシュ。
回り道をして交番へ駆け込んだ。しばらくして冷静さを取り戻し個室で警察の人の事情聴取に答え、ついでに落し物を渡した。
警察「これ、何ですか?」

この怖い話にコメントする

刃物人間
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ