人形にまつわる話
日本人形

この怖い話は約 3 分で読めます。

じゃあ、ネタ提供。
友人のコウが体験した本当にあった話。

コウ一行が、長期休暇を利用して、静岡だか神奈川に遊びに行ったときのことなんだけどね。
朝早く出発して、昼頃に現地に到着した彼ら。
まぁ、時間もまだ余っていたので温泉巡りなどをして、宿にチェックインしたらしいのよ。
んで、人数は8人くらいだったけな?
結構な大所帯だったから、部屋は二つ、4人づずつに別れたのね。
その時コウの泊まった部屋はトイレが壊れていて使用不能なので、廊下にある共用トイレを使用するようになっていた。
コウは部屋に案内されると同時に悪寒を感じたらしいんだけど、まぁ、折角の楽しい旅行だしここで、変な事言ってみんなを怖がらせるのもナンだしそのときは、だまってたんだってさ。
その日は長期に渡るドライブ&温泉巡りでコウを含みみんなヘトヘトだったもんだからみんなして一気に爆睡!!
でも、コウは違ったようで、夜中に目が覚めてしまったらしいんだわ。

『なんか、イヤーな予感がするなー』

なんて思ってると

「カリッ、カリッ、カリッ、カリッ」

何者かが隣の居間で何かをカリカリひっかいている音がしたらしいのよ。
コウも疲れていたので必死に眠ろうと努力はしていたらしいんだけど、いかんせんその音がどうも気になる。
そんなこんなしているうちに、コウ以外の一人(仮名Aさん)が

A「ねぇ、コウ、起きてる?」

「ん?ああ起きてるよ」

A「さっきから変な音が聞こえるんだけどコウもそう?」

「ああ、なんだろうね。」

などと二人で会話している最中も

「カリッ・・カリッ・・カリッ・・カリッ・・カリッ・・カリッ・・」

変な音は鳴り続ける・・・
二人はその音を聞き入るように聞いていた。

どれくらいの時間が経っただろうか・・・

「カリッ・・・カリッ・・・
ガチャガチャッ・・・ガチャ・・・ガチャガチャガチャ・・・」

音が変わった・・・
息をのむ二人・・・

A「なんか・・・気持ち悪いね・・・」

「うん、なんだろうね・・・」

と、またその音に聞き入る二人・・・
長距離旅行の疲れもあってか、二人ともその音に聞き入っている内に眠ってしまった・・・

その日は朝から観光巡り。
その地の名産品に舌鼓を打ち、景色に見とれ、宿へ帰って行ったコウご一行。
そして、部屋に入ると例によってまたしても悪寒がコウを襲う。
しかし・・・
昨日とはなんか違う・・・
ふと悪寒のする方に目をやるコウ・・・

「ウオッ!?」

なんと、そこには・・・
棚の上にガラスケースが置いてあり、ガラスケースには日本人形が飾られていたらしいのよ。
そりゃぁ、コウもビックリしたみたいだよ。
昨日は気が付かなかったのに何故今日になって気が付いたのか?
ガラスケースをよく見ると、人形を出し入れ出来るように取っ手が付き、ドアのようになっている。
・・・そして、コウは想像しちゃったんだよ・・・
昨日のあの出来事は、その日本人形がガラスケースから出ようとしてケースをひっかいたり、ケースを押したりしていたんじゃぁないかってね・・・
フト視線を感じそっちを見てみるとAさんがコウを見ている・・・
そして、見つめ合うAさんとコウ。
すると、ひそひそ声でAさんが話しかけてきた。

この怖い話にコメントする

日本人形
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています