洒落怖
黒いモノ

この怖い話は約 3 分で読めます。

609 本当にあった怖い名無し 2009/07/25(土) 17:33:34 ID:ZkufKq/K0
1/4
俺は新聞屋の専業でさ、休みを除いて朝夕毎日決まった区域を配達してるんだ。
この仕事をしてると、やっぱそれなりに妙な体験をしたことも何度かある。
それで、これは最近あったというか継続中の話。
俺の担当区域は結構田舎の方でね、配る家と家の間も結構離れてるようなところなんだ。

もちろん街灯もあまり無く、建ってる家も古い家が多くて玄関の灯りさえ無いところがほとんど。
当初はビクビクしながら配ってたけど人間やっぱり慣れるもので、いつの間にか恐怖心は無くなってた。
でも、最近は配るのが怖くて仕方ない。
その理由は、あるお客の家(以後はA宅)の向かいの林の中に建っている廃墟にある。

A宅の向かいに廃墟があるのは、この区域の担当になった2年くらい前から知っていた。
元が何なのかはわからないけど、多分元はホテルか何かだった廃墟。
A宅は敷地内にバイクで乗り入れられないからバイクを通りに停め、敷地内を少し歩いて玄関のポストへ新聞を入れる。
それでバイクへ戻る時、必然的に視界へその廃墟は入ってくる。
最初にも書いた通り、初めのうちは怖かったが何か起きるわけでもなく、2年経つうちに気にも留めなくなってた。

でも、今月の三日、何かが起こったんだ。
その日、いつものようにA宅へ新聞を入れ、いつものように何も考えず廃墟を視界に入れながらバイクへ戻った。
本当に何も考えてなかったよ。新聞配達なんて身体が覚えて惰性って言うのかな。そんな感じで配るからね。
そんな俺の視界にある廃墟の入り口。多分、以前は門とかがあったんじゃないかと思う場所。
そこにいつもの景色にはないものがあったんだ。

610 本当にあった怖い名無し 2009/07/25(土) 17:37:01 ID:ZkufKq/K0
2/4
黒いもの。
暗さに目が慣れているとは言っても、街灯もなく、月や星の明かりだけの中で黒いものなんて見えるはずがない。
それなのに、明らかに黒いとわかるものが見えた。
俺は固まって頭の中に色々な考えがよぎったよ。
人影か・・・いや、人のわけがないし・・・第一人の形をしていない・・・それ以前に生き物なのかわからない。

それじゃ、木か・・・いや、木の形でもない・・・何なんだ?
詳しくは覚えていないけど、とにかく色々なことを考えた。
そして、俺の出した結論。
とにかく、わけのわからない事柄に関わらない方がいい、早くバイクに乗って配達を続けよう。
俺は特に駆けたりもせずバイクへ近づき、バイクへ乗って走り出したよ。
何か声が聞こえたりもなく、後ろから何かが来ている気配もなく、その日の配達は何事も無く終わった。

その日の夕刊、A宅には夕刊も入れている。
今朝のことは頭にあったけど、きっと見間違えか何かだろうと思いながらA宅へ夕刊を入れて戻る。
廃墟の方を見てみるが、黒いものがあったと思われる場所には何もない。
やっぱり見間違えだったんだ、そう思って夕刊を終えた。
そして翌日、昨日のことが頭によぎるけど、夕刊の時に確認していることもあって特に怖いとも思っていなかった。
順調に配達を続けて、A宅へもいつも通りに新聞を入れる。
そして戻る時、昨日のことをその時は完全に忘れていた俺の視界に昨日と同じものが映った。

この怖い話にコメントする

黒いモノ
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています