子どものころの怖い話

この怖い話は約 4 分で読めます。

121 : 本当にあった怖い名無し : 2012/06/15(金) 13:59:10.63 ID:qjte5Q9S0

いつの話だっけな。確か14歳くらいの話。
俺は当時結構山の上の方に住んでいて学校行くのにも絶対に森みたいなとこを抜けないといけなかったからかなり遠かったんだよね。
それでその「森」がまた曰く付きでな、確か自殺した女の人が出るっていう噂があったんだよ。
そんな山奥に住んでいるのは俺一人だったし。登校も下校も一人でそのうす暗い森を通らなきゃいけなかったから学校行きたくなかった。
でも友達と遊べないのも嫌だし仕方がなく学校に行ってたっていうような感じだった。
で、とある日に友人A(これからはAと呼ぶ)から「あの森って曰く付きなんだろ?」と聞かれたから「確か自殺があったんだと」って返事をしてしまったんだ。
ヤンチャで餓鬼みたいなAは「その森で肝試ししないか?」という提案をあげてきた。それを聞いた友人B、友人C、友人Dが「何それ面白そう」みたいな事いって入ってきた。
この後どんな会話をしたかは忘れたけど、とりあえずその日の夜10時に俺の家に集合になったことだけは覚えている。
あと俺は昔からチキンだったからかなりビビってた記憶もある。

約束の10時になった。もうみんな集まっていた。
俺の家は最初に言った通り「絶対」に森を通らないといけないから当然みんなその森を通ってきているわけだ。
それをもちろん知っていた俺は友人全員に「あまり怖くなかっただろ?」と肝試しを中止させたいがためにやせ我慢して言ったんだ。
この辺の記憶は曖昧なんだけど、確かAは「全然、めっちゃ面白そう」でBが「俺やっぱやめようかな、、、」って言ってた。CとDは完全に忘れたw
まぁそのあととりあえず最低限必要な懐中電灯とかそういうものを準備した。

122 : 本当にあった怖い名無し : 2012/06/15(金) 14:00:46.43 ID:qjte5Q9S0

準備し終わった時点で時間は11時。
本当なら中学生なんだからもう寝てなきゃいけないけどその日だけは親に無理を言ってこの時間まで遊ばせてもらっていた。
準備も終わって俺らは森に向かった。
いつも森につくまで10分くらいある急な通路がその日はすごく長く感じた。

森についてまず1つ目のトラブルが懐中電灯の電池切れだ。一人1つずつ。全部で4つなんだけど電気がつくのは2つしかなかった。
家から持ってきたときはついたらしい。でもここでは使い物にならなかった。
2つ目のトラブルがDが具合が悪いと訴え始めたことだ。今森の前にいる四人は何の霊感もないからその時は何も関係ないだろうと思っていた。
「大丈夫だっての」なんて軽いノリで流してた。

最初は二つのグループに分かれて森を探索しようということだったんだけど懐中電灯が二つしかないのと、
想像以上に森が暗いことから全員で動くことになった。そういろんな変更やトラブルがありながらも俺らは森に入っていった。

森の何は何か異様な空気だった。お昼でもかなり異様なのだが、それとは違う妙に圧迫される異様感に襲われた。
真っ暗で懐中電灯があっても何も見えないこともあるのかもしれない。でもとにかくヤバイ感じ、人間の勘みたいなものが働いてた。
俺は「早く帰ろう」と説得していたがAとBが「まだまだ」「お前怖くないんだろ?」とか言って来て何も返せなかった。
Bもそのころにはせっかくだから楽しもうとワクワクしてる感じだった。
子供特有のいらない根性と好奇心に見舞われていた。
二人を置いて帰るわけにもいかないし、俺は仕方がなくついていくことにした。

123 : 本当にあった怖い名無し : 2012/06/15(金) 14:02:52.15 ID:qjte5Q9S0

この怖い話にコメントする

「森」と関連する話(子どものころの怖い話)

ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています