生物・妖怪
揺すられ続けること数時間

この怖い話は約 2 分で読めます。

去年の夏、まとめサイトにあった『真っ黒な物体』
ていう話と少し似ている体験をしたので報告。

朝の五時ごろ。
俺は誰かに肩と腕を揺すられて眼が覚めた。
こんな時間になんだ と思って俺を掴んでいるやつを見た。
見た瞬間、凍りついた。
そこには、真っ黒な人がいた。頭には眼も口も鼻も無く、
ただただ無言で俺をゆすり続けている。
おれは反射的に腕と肩を振りほどこうとしたが、急に身体が動かなくなった。
まぶたも閉じられない。そのため、俺はその真っ黒な人を見続けることになった。
どれくらい経っただろう。ベッドのギシギシする音が部屋にこだまする。
変化がおきた
今まで何も無かった顔に、三つ切れ込みが入り、眼と口らしきものができた。
眼はまつげなど無く、眼球だけがこちらを見ている。
口は、 笑っている。 白い歯をむき出しにしながら、ニタニタと笑っている。
それでもまだ俺を揺すっている。眠っている人を起こすように。

結局、母が9時になって部屋の扉を開ける瞬間までその黒い人は
俺をゆすり続けた。地獄のような数時間だった。
腕と肩には、少しあざが残っていたので、夢ではない。

いったいなんだったんだろう。
今のところ、身内に不幸などはありません
ぜんぜん怖くねーじゃねーか!!って思う人は、想像してみて下さい。
得体の知れないものに何時間も身体を触れられ、ゆすられ続ける時の恐怖を。
少なくとも俺は死ぬほど怖かった。

この怖い話にコメントする

「揺すられ続けること数時間」と関連する話(生物・妖怪)

揺すられ続けること数時間
関連ワード
関連ページ
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています