ホテル・旅館
予兆

この怖い話は約 3 分で読めます。

193 本当にあった怖い名無し sage 2011/08/20(土) 22:14:09.98 ID:7oYf09HB0
エミリーローズという今でも大好きな映画があるんだけど、
その映画の中で、悪魔を見る寸前には予兆があるというくだりがある。
「焦げ臭い匂い」
これは、映画を面白くするため、リアリティを出すために付け加えられた設定なんだろう、と当時は思っていたけど
今は、少し信じている。

凍ったらワカサギ釣りをやるような、北海道にある有名な湖。
その周りにある、結構有名で接客のいいと評判のホテルの、ある一室で起きたことだ。
5,6年前の三月(当時私は中1だか、中二だか)、父方の爺さんの何回忌かに、
地元である北海道に私と私の父、母、父方の祖母、従弟の家族で集った。
特別な日だから、ホテルに一泊して美味しいものを食べたり、温泉に入ったりしよう、ということになった。
と、いうわけで私ら一行が泊まったのが、上記のホテルであった。

部屋は私ら家族+祖母と従弟家族で二つに分かれていた。
同じ6階で隣同士、結構広くて、全く同じ間取りの二部屋が割り当てられた。
取り敢えず片方の、私ら家族が泊まる部屋に全員が通され、
女将さんの「温泉の時間がどうだ、湖がああだ、・・・」という説明を聞いた。
そのときうっすらと覚えた感覚を、今でも忘れない。

なんだか異様に、暗いのだ。
電気もつけている。
南の窓はかなり大きくて、日当たりも良い。
しかしどうにもこうにも陰気な部屋・・・・。

194 本当にあった怖い名無し sage 2011/08/20(土) 22:16:07.14 ID:7oYf09HB0

だが、生まれてこの方霊も宇宙人も信じたためしはない(怖いものは信じない)し、
何よりも鈍感な私(含め家族)であったから、さして気には掛からなかったのも本音である
たとえば、

「この○○湖で最近ね、事故があったんですよ・・・ワカサギ釣りでね・・・・」

こんな大事な一言も、このときは大して気にも留めやしなかったのだ。

その日はただ美味い飯を食べ、温泉につかり、美味い飯を食べ、ゲーセンでゾンビを撃ち殺し、ゾンビに噛まれ、100円がなくなり・・・・
やがて夜になった。

父と私は従弟家族の部屋にいって、晩酌をし、ホタテの貝柱をむしゃむしゃ食べながらテレビを見た。
その時期恒例の生放送のオールスターナントカみたいな番組をやっていて、
やたらとヌルヌル相撲が強いタンメンの人を尊敬の眼差しで見たり、
大御所の空気の読めない発言を薄ら笑いで流す若手芸人をみて切なくなったりしていた。
そのとき母と祖母は、あの暗い部屋で既に布団に入っていたと思う。

そして矢張りこのとき感じた妙な感覚も、私は忘れないで居る。
(何故、こちらの部屋はこんなに明るいのだろうか・・?)

まあそれでもその時は、たとえば「嫌な予感がする・・・」だとか、そこまで切迫した感覚でも状況でもなかった。
ただ、なんでだろう・・くらいのことだった。

しばらくして、私と父は自分の部屋に帰った。
北海道の室内というのは、暖かい。それもそのはず、外はマイナス二度。
だがしかしそのときのそれはなんだか少し湿っぽい、妙な「暑くるしさ」だった。
母親の横に敷かれた布団に入る。祖母はすでに寝ていて、父親はすぐに眠ってしまった。
母は寝ていなかった。私は抱き枕がないこの状況だしあまり寝付けないだろうな・・なんてことを思い、しばらくもぞもぞしていた。

この怖い話にコメントする

予兆
関連ワード
ホットタイトル
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています