田舎・地方の習慣
神の嫁祭り

この怖い話は約 3 分で読めます。

333 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/10/18(火) 11:05:13.12 ID:i0sItNAX0
小学校5年生の時の話
父の実家は地方の山の中の集落にあった
あまり親とうまくいってなかった父は大学進学と共に殆ど帰らなくなったそうだ
けれど結婚して私が生まれて少しだけ交流が復活した
といっても2年に一度くらい1泊で帰るくらいで、私自身祖父母の印象は薄い

小学5年生の時に生まれた弟の顔見せの為に久しぶりに父の郷里へいった
祖父母の自宅に泊まるのだが、父は親戚宅の用事が長引いて帰れなくなったため
母と自分、0歳児の弟だけが泊まることになった

その昼から集落は賑やかで祭りがあるとの事だった
私は出店を期待してワクワクしていたのだが、神輿や白い旗?をふりまわす
男の人がいるだけでたいして面白くもなかった
334 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/10/18(火) 11:06:14.06 ID:i0sItNAX0
夕食を食べ終わると祖母が、社へ行けと言ってきた
今夜の祭りは10歳になる女の子が神の嫁になる祭りで、その年頃の女の子は
社の中で一晩を過ごすらしい
神の嫁になればこれからの将来を守って貰えるとのことだった
もちろん私は嫌がり母も集落の女の子ではないのだからと断ってくれたが
祖母の押しが強かった事と、私を自立させたかったのかしぶしぶ了承した
当時私は弟が生まれて夜にぐずるようになったらしく、母は難儀していたようだ

埃臭い社は明かりこそないものの社務所で集落の男たちが酒を飲んで居る声が
響いてきてうるさかった

私のほかにもう一人女の子がいた
学年では一つ下になる子だった
その子にこの後どうなるの?と聞いても良く分かんない言っていた
本当は声を出さずに一晩を過ごすらしいのだが、暗闇の心細さもあって
ふたりでずっと話していた

時計がないので時間は分からないが2、3時間たった頃だろうか
眠くなってきたので敷いてある布団にもぐりこんで、話をしていた
話しかけても答えがなくなりその子が寝たのだと知って、私も眠ることにした
少し眠った頃人の気配を感じて目を覚ました
どうやら社の中に何人か来たようだ
私はすっかり神様だと思い、神さまって一人じゃないんだなと思った

336 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/10/18(火) 11:07:05.42 ID:i0sItNAX0
ぼんやりと隣の布団が持ち上がりなにかもぞもぞと動いているようだった
何となく声をかけられないような気がして私は布団に潜った
動物のようなハッハッという音に混じって、女の子の悲鳴のような声も聞こえた
やだとか痛いとか聞きとれて私は慌てた
外に出て大人を呼びに行くべきだろうか、でも布団の外に出るのは怖い

この怖い話にコメントする

神の嫁祭り
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています