占い・おまじない、呪い
呪い

この怖い話は約 3 分で読めます。

663 クリッパ- sage New! 2006/10/29(日) 19:57:35 ID:A+4164hu0
誰でも経験する事かもしれないが友人の死と言うのは辛いものだ。

高校の同級生の風が死んだ。葬式が終わってしばらくはどこか心に穴が開いたようになっていた。
だがそんな悲しみも3ヶ月も経てば忘れるともなく忘れてしまい、以前の自堕落な学生生活に戻っていた。

そんな時、風の妹の美知ちゃんから手紙が届いた。
「生前、兄(風)から頼まれていたので」短い挨拶と共に3枚の写真が入っていた。
それで風の言っていた呪いの話を思い出したのだった。
風の入院やら後遺症やらで忘れ去られていた話だったが、あれは呪いだったのかもしれない。
もしかして、と思った俺は写真を持って先輩の家に行く事にした。
同じ大学の院生でサークルの先輩、と言ってもただの先輩ではない。
当時オカルト道に邁進していた俺が師匠と呼び、尊敬したりイタズラしたりしている
オカルトマニアの変人というか、色々と凄い人である。

師匠の汚い部屋に着くと、彼女の歩くさんが来ていてちょうど出かける所だった。
「今日は歩くのおごりでな 飲みに行くんだ」
掃き溜めの鶴に驕らせようと言うのかこの人は。へへへと笑ってお前も行くかという。
しかし俺も 本当ですか、いい所に来たなぁ と大喜びする貧乏学生だった。

学生御用達の、原価でビールを出してくれる居酒屋の小さな座敷に陣取るとビールより安い焼酎で酒盛りが始まる。
俺は手を合わせ心の中で風の冥福を祈ってから、封筒から写真を出し師匠にこの「呪い」の相談を始めた。
風には申し訳ないが師匠も俺も酒の肴くらいのつもりでいたのだった。

664 クリッパ- sage New! 2006/10/29(日) 19:58:11 ID:A+4164hu0
「地蔵の呪い?」
「ええ、そうじゃないかって言ってたんですよ」

コトの始まりは土建屋である風の父親が買い取った山の造成工事である。
山の中腹に立っていた古い地蔵を取り払った。一応お払いの様な事はしたらしいのだが、
そのあとしばらくしてその父親が脳梗塞で倒れたのである。
一枚目は地蔵の写真、まだ取り除かれる前のものだろう。
地蔵と言うか石碑みたいだがこれが一番古いものと思われる。

地元の村の人々の口から「呪い」の噂が立った事で工事はしばらく中断した。
父親の回復を待ってもう一度お払いをしたそうである。
二枚目の写真はその二度目のお払いの時のものだった。
杖をついて立つ父親に寄り添う母親、風、長い黒髪が素敵な梓さん(姉)と
ボーイッシュな感じの美知ちゃん(妹)が並んで写っている。
ちょっと見た所ではハイキングに来た家族写真だが、背後には縄が結界を作るように四角く張られている。
ちょうどそのあたりにそれがあったのだろう。

三枚目は家の中で車椅子に座る風と母親と姉妹が並んでいる写真だった。
風の頭には包帯が巻かれていて痛々しい、風が退院して来た時の、とにかくこれが一番最近のものだろう。
葬式の時にも気になったのだがこの写真でも梓さんがひどく痩せていた。
当時どこかの弁護士事務所で働いていた梓さんは学生の俺からすると大人の女だった。
そうかこの頃にはもう激痩せしてたんだな、と思った。
父親が亡くなり、弟も事故で脳に障害を持つ身になってしまった。
ひょっとして自分にも、と言う恐れもあったのだろう。
この写真から1年もしないうちに風は脳にできた血腫が原因で死んでしまったのである。
酒の力も手伝ってかまた俺は泣けてきてしまった。

この怖い話にコメントする

呪い
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています