洒落怖
ガードレールの向こう

この怖い話は約 2 分で読めます。

712 VIPの怪談スレに投下した奴だが sage 2009/07/26(日) 01:47:55 ID:TtZAfqojO
あれは夏の終わりの頃
夜中にバイクで山道を走ってた時の事
急カーブに差し掛かった時ガードレールの向こう側に白いシャツ来た人が見えたんだ
「?事故か?エンジントラブルかなにかか?」
お人好しな俺は声掛けようかと速度を落としてカーブに進入しようとした時…
何とも言えない寒気が俺を襲った
「ここから早く離れなくちゃ!!」

そう本能が告げているかの様だった
そっからは全速で逃げた

さすがにいろんな意味で疲れたので、日が昇るまで休憩してから家路についた
で、例のカーブに差し掛かったんだが
「どうせ『カーブ注意』の看板か色のハゲたお巡りさん人形と見間違えただけさ」
なんて思ってた
ガードレールの向こうには看板もお巡りさん人形もなかった
いや、置けないよな
何故ならガードレールの向こう…
崖だし
あの時、余計なお世話焼いてたら今頃…

この怖い話にコメントする

「ガードレールの向こう」と関連する話(洒落怖)

ガードレールの向こう
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ