洒落怖
遊んで

この怖い話は約 2 分で読めます。

初めて投下してみる。
長文ごめん。

7年前の話。
大学入学で上京して高田馬場近辺にアパートを借りて住んでた。
アパートは築20年くらいで古かったけど6畳の和室と続きで、ふすまを挟んで
4.5畳くらいのキッチンがあるっていう
東京での学生の一人暮らしには充分すぎるほどの部屋だった。

大学に入学して初めての夏。
暑かったからその日はキッチンと和室を隔ててる
ふすまを開けっぱなしで寝てたんだ。
足をキッチンに向ける格好で。

寝たのは0時過ぎくらいだったと思う。
2~3時くらいだろうか?
ふと目が覚めて、なんとなく頭だけ起こした俺は
驚愕した。

90 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/16(金) 00:47:48 ID:JGsjdN2x0
キッチンに小学校の低学年くらいの男の子が
こっちをじっと見て立ってた。
手にはサッカーボールを持ってるのがはっきり見えた。

その子はじーっと俺をみたまま、
「ねえ、遊んで・・・」
とひとことつぶやいたんだ。
すごい悲しそうな声だったのを覚えてる。

俺はパニックっていうか、めちゃくちゃ怖くなって
でもなぜか声がでなくて
「ヒっヒっっ」
みたいな変な声出しながらとにかくシーツを頭からかぶって
その子が消えてくれることを願った。

でもその子はそれから、しばらく
「遊んで・・・」
「遊んで・・・」
「遊んで・・・」
「遊んで・・・」
「遊んで・・・」

って訴え続けてきて・・・

俺は声にはならないけど
「ごめん、無理、無理、無理!」
って心の中で叫んでた。

91 本当にあった怖い名無し sage 2010/07/16(金) 00:48:47 ID:JGsjdN2x0
そしたら、今まで以上に、悲しそうに、残念そうに

この怖い話にコメントする

遊んで
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています