短くて怖い話
視界の端

この怖い話は約 2 分で読めます。

メガネをかけたことのある人なら分かるが、メガネの枠は人間の
視野より小さいので、視界の端は裸眼で見ることになる。
当然目が悪ければボケて見えるのだが、視界の端なので気にする
ことはほとんどない。
俺は小学校からメガネを日常使っていて、30過ぎの今まで何の
違和感もなく過ごしてきた。

ところが最近、顔の左横、視界の端に人の顔が見える。
中年女性が目を釣り上げてこっちを見ている。ようだ。
目だけ左に動かすと1メートルほど先に顔が見えるのだが、メガネ
の枠から外れているので細かい顔の特徴が分からない。
首を動かしてみるが、そこには誰もいない。
鏡を向けてみても、姿が映らない。
カメラで撮してみると、しろいモヤだけが写る。
女性と全く縁のない身なので、恨みをかった憶えもない。
いい年をなので、曰く付きの物件で肝試しした訳でもない。

まぁ、視界の端なので気にすることはほとんどないが。

この怖い話にコメントする

「視界の端」と関連する話(短くて怖い話)

視界の端
関連ワード