一人暮らし
恐怖郵便

この怖い話は約 3 分で読めます。

どうも、『かんひも』のAです。
これは僕が高校の頃の話です。

『かんひも』に関わって以来、微妙な霊感に目覚めてしまったわけですが、友人たちから、その系統の相談を受けるようになっていました。
まあ、霊感といっても僕の場合ただ見えるだけなので、本当に話を聞くだけなんですが。
それでも中には気のせいだったり、話を聞いてあげるだけで解決したりする場合も多く、以外と役に立っていました。

10月25日
その日の夕方、僕は友人のJに近所の喫茶店に呼び出されました。
Jはサッカー部に所属しており、そのマネージャーのYさんが奇妙なことで苦しんでいるとのことでした。

喫茶店に着くとすでにJとYさんは来ていました。
恥ずかしながら帰宅部で自由を謳歌していた僕は、Jの試合の応援などで何度かYさんとは顔を合わせたことがありました。
Yさんは大きな目をした表情豊かな可愛らしい子で、サッカー部のマスコット的な存在でした。
しかし久しぶりに会うYさんはいつもの明るさは影を潜め、やつれ果てていました。

「すまん、A」

僕の顔を見るとJが心底困り果てた様子で話しかけてきました。

「どうも本気でやばいらしいんだ・・・」

「どうしたの?」

僕はJに頷くとYさんに話しかけました。
Yさんは泣きそうな顔でゆっくりと話し始めました。
ここからは分かりやすいようにYさんから聞いた話をYさん視点でお話しします。

今から1ヶ月ほど前。
9月23日
Yさんは自分のアパートの部屋で夜中に目を覚ましました。
Yさんは高校に通うのに親元から離れて、学校の近くのアパートに一人暮らしをしています。
アパートといってもそこは女性の一人暮らし。
1階には大家さんたちが住み込み、玄関はオートロックというなかなかのアパートです。
もともとは古いアパートなのですが、後からセキュリティ関係を強化してあるようでした。

Yさんがふと時計を見ると、夜の2時45分・・・
妙な時間に起きてしまったものだと、トイレに行こうとベッドを出ました。
すると、玄関の向こうの廊下で何か音がします。

「カッ、コッ、カッ、コッ・・・」

良く聞くと、それは足音のようでした。
革靴や、ハイヒールのような、かかとの硬い靴の音です。

『こんな夜更けに・・・誰か帰ってきたのかしら・・・』

Yさんは、同じ階の誰かが帰ってきたのだと思いました。
眠い目をこすりながら、気を取り直してトイレに行こうとすると

「カッ、コッ、カッ」

足音が、ちょうどYさんの玄関の前あたりで止まりました。

「・・・?」

Yさんは不審に思いながら、息を潜めていました。
すると

「カコンッ」

ポストから何かが投函されました。
このアパートはもともとは古いため、玄関のドアは下部に穴が開いており、そこに郵便が投函される、昔ながらのポストでした。
ポストに投函された『何か』は、そのまま玄関の靴の上に落ちていました。

この怖い話にコメントする

恐怖郵便
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています