子どものころの怖い話
自慢スンナ

この怖い話は約 2 分で読めます。

772 本当にあった怖い名無し sage 2005/05/28(土) 02:27:54 ID:BJiCS99J0
高三の頃、中学卒業してからまるで音沙汰なかった顔見知りに再会した。
友達というほど仲が良かった訳でもない、顔見知り。
デブで図体はデカイが内向的。中学時代は性格が暗いのでイジメられてた。
電車で近くに立ってて、向こうが
「おう」
というので気づいた。

とりとめない話をしてるうち、もうエッチしたか、という話題になった。
オイラは童貞だったので、正直にそう言い、でも、アイツとかアイツはもうやったらしい
などと、二人の共通の知り合いについて、オイラの聞いた情報を教えた。
「で。おまえは?」と聞いた。
どう見てももてそうもないヤツはまだ絶対童貞だろう、とオイラは思った。
「したよ。夏に」とヤツは事も無げに答えた。
「え。誰と?」ヤツに彼女が出来るわけ無い、風俗に行く金、いやそれ以上にその勇気
もないだろう、と思ってたオイラは衝撃を受けてそう聞いた。
「知らない」
「知らない、って。。風俗か?」
「うんにゃ」ヤツは思い出すように目を細めた。
「○○公園、ってあるだろ」ヤツは地元の児童公園の名を上げた。
「あそこ夜、人通りないんだよ。奥のアパートの住人以外。だから待ち伏せた」
「待ち伏せ…」
「うん。強姦。あそこのOLだと思う。酔ってた。誰も来なかったからよかった」
オイラはビックリして「うそだあ」と明るく言った。嘘にして欲しかった。
ヤツは「ホントだぜ」と暗い真剣な声で言った。なんかホントな気がした。
オイラはいろんな事がアタマをぐるぐる周り、その後ずっと黙ってしまった。

その日以来、会うのイヤだから電車に乗る場所も変えた。
ヤツが今どうなってるか知らない。

この怖い話にコメントする

「自慢スンナ」と関連する話(子どものころの怖い話)

自慢スンナ
関連ワード
関連ページ
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています