洒落怖
玉虫の呪い

この怖い話は約 3 分で読めます。

幼い頃、父に玉虫の厨子の話を聞いて、友達と途中まで作ったことがあった。
そしてそれを長い間さっぱり忘れていた。

大人になって何年目かの夏に、嫌な夢を何度も見て思い出した。
玉虫の羽が空からたくさん降ってきてキラキラしてた。
それが綺麗でずっと見ているとだんだん量が増えてきて俺はその中に埋まっていく夢。
息をすると口の中から玉虫の羽が出てきて、そこでいつも目が覚める。

何度も見ているうちに、幼い頃を思い出した。

9 本当にあった怖い名無し 2014/02/22(土) 14:51:39.25 ID:zFSmEEeXi
子供とは恐ろしいもので、俺たちは数十匹もの玉虫を捕まえて、固いキラキラした羽をむしりとって集めていた。
あと何匹で厨子が完成するとか嬉々として騒いだ。
でも羽を張り付ける箱は、玉虫という小さな虫の羽の大きさに比べてあまりにも大きかった。
だから完成する前に季節が過ぎて玉虫はいなくなってしまった。
俺の記憶はそこまでだった。

10 本当にあった怖い名無し 2014/02/22(土) 14:54:04.50 ID:zFSmEEeXi
その友達に電話掛けてこのことを話した。
玉虫の供養の話を持ちかけるために。

でもそいつはゲラゲラ笑って、馬鹿なことを言うなと言っていた。
その箱はそいつが持ってるらしい。
そしてそれは完成していると。

話を聞くと、俺がいきなり玉虫の呪いだとか、何だかんだと騒いだから一旦中断したんだとか。

でもそいつは完成した箱がどうしても見たくて秘かに続行して何度かの夏を使って完成させたらしい。

11 本当にあった怖い名無し 2014/02/22(土) 14:56:06.64 ID:zFSmEEeXi
俺は玉虫の呪いだとか騒いだことは全く覚えていなくて、ただ季節が過ぎて玉虫がいなくなってしまったというように記憶していた。

後日そいつと会う約束をした。

その日の夜は、例の箱を開けようとする夢を見た。
薄暗い押し入れの角に埃を被った段ボールの箱を見つけて開くと、半紙に包まれた小さな箱が出てきた。
それには綺麗な玉虫の羽がびっしりくっ付けられていて、俺は思わず感動する。
そして蓋を開けようとすると、ちゃぷんと水音がして、そのときに目が覚めた。

12 本当にあった怖い名無し 2014/02/22(土) 14:58:21.73 ID:zFSmEEeXi
友達と会う日、俺は少し嫌な予感というか、何か行きたくなかった。
でも約束してたし行った。
その途中の電話でまた夢を見た。
玉虫の羽が剥げてボロボロになった箱がひとりでに開く夢だ。
中身は思い出せない。

この怖い話にコメントする

玉虫の呪い
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています