子どものころの怖い話
お受験

この怖い話は約 3 分で読めます。

756 ① sage New! 2008/01/05(土) 13:38:31 ID:F6tRdHeD0
私が幼稚園にあがる前のことです。
私の母は本当の母親ではなく、父が連れてきた女の人でした。
本当の母は既に亡くなってたので・・
今では仲がいい、とまではいきませんが普通の関係(無関心?)
です。でも当時私は母に嫌われていた。んで私も母が嫌い、
いや怖かった・・? 母にしたら私は本当の子供ではないし
毛嫌いするのは仕方なかったかもしれません。
いくつの時か覚えてないのですが、幼稚園にあがる前
だから3・4歳かな。枯葉が庭に目立つ秋になると急に
母がしつけに厳しくなりました。それまでは私の行動に関しては
ジトーッと見たり無視したり、ジュースなどこぼすと彼女が
強行してぞうきんで拭くようなことが多かったのに、
私自身に指示してやらせるようになりました。
一番驚いたのは私に絵本を読むようになってくれたことです。
私は嬉しかった、きっと一緒にいることで私にやっと興味を
もってくれたんだ、と思って嬉しかったんでしょう。

757 ② sage New! 2008/01/05(土) 13:39:00 ID:F6tRdHeD0
そんな日々が2ヶ月ほど続きました、冬がやってきて確か
雪もふったような。冬になるとますます母の干渉が多くなって
嬉しかったことは嬉しかったんですが、なんだか変な質問を堅く
するようにもなってきて、それはあんまり嬉しくなかった。
あなたの名前は?とか今日の天気は?とか・・
その時私は意図がわかってなかったけれど、実際会場に連れて
行かれて面接を受けて「ああこのために・・?」と理解しました。
その面接がなんなのかは最近受験シーズンの度に思い出して
「そっかお受験だった・・?」と解釈してます。

これから記すのはその面接の内容なんですが・・子供の私に
とってはなんだか、それこそ洒落にならないほど怖かったんですよ。
受験シーズンになってまた思い出したのでここに書いてみます。

758 ③ sage New! 2008/01/05(土) 13:39:40 ID:F6tRdHeD0
今思うとここが幼稚園?と思うほど立派で、白いあの建物が
幼稚園だったらしい。私が小さかったから余計大きく見えたかも
しれないけど、あの大きさは、高さは尋常じゃなかったはず。
ビルみたいな大きさではなくて、不気味に大きいんです。イメージ
的には簡単な造りの大きな宮殿で、大体真っ白だから・・なーんか
変な感じでした。その建物の中に入っていく私と母はいつも着る服
とは全然違う立派な服でした。私なんて普段大した服を着させて
もらってなかったので、急に窮屈な服を着ると少し息苦しかった^^;
母に「ここ何屋さん?」とか聞いた気がするけど、母はただ
遠くを見てキリッとしてるだけで、その質問には答えない代わりに
「ちゃんとするのよ」「ハキハキしなさい」そしてまた「今日の天気は?」。
その日の天気は小雨でした。小雨なんて言葉は知らなかったから
「ちょっとだけ雨降ってる」と答えたら「少し、雨が、降って、います」
と訂正されたことは覚えてる。

この怖い話にコメントする

お受験
関連ワード
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています