犬・猫、動物
繋がれた犬

この怖い話は約 3 分で読めます。

602 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:01:45 ID:CWISNAIB0
ちょっと長いですが記憶が鈍る前に中学高校と世話になった一個上の先輩の話をしようと思います。
怖くなかったらすいません。
住んでたところはかなり田舎で、オカルトだの何だのの趣味は何だか人に言えなかったのですが、
ひょんなことで同志であると発覚、よくつるむようになった人です。
先輩が中三の初夏のこと。

603 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:02:30 ID:CWISNAIB0
「お前、今日暇だら?」
と、藪から棒に聞かれた。
今日は金曜で、明日は珍しく部活がない。つまり、寝坊が出来るということ。
「暇ですよ」
短く答えると、先輩は嬉しそうに笑った。
「ほいじゃあ八時にお前んちに迎え行くで」
「どっか行くんですか?」
「首吊りあったとこ。アナゴつかみ取りの。行きたいら?」
補足で言っておくと、住んでた土地には静かに死にたいよそ者が
たまに自殺に来てた。
勿論行ってみたかったから二つ返事でうなずいて、うちに帰るなり親を説得。
星を見に行くと嘘をついたら案外すんなり許してくれた。
月の明るい日だったから、星なんてあんまり見えなかったかもしれないけど。

604 本当にあった怖い名無し New! 2009/02/08(日) 14:03:00 ID:CWISNAIB0
懐中電灯で先輩の来るほうを照らしていたら、ぐらぐらした光が坂を上ってきた。
懐中電灯をかごに入れてきたらしい。ライトくらい付けりゃいいのに。
何か言う前に懐中電灯と竹刀を手渡され、たいした挨拶もなくニケツで走り出した。
切れた電灯が並ぶ道をたらたら走っていくと、一時間弱で到着。
コンビニも閉まる時間だったから、歩いてる人には会わなかった。
舗装された道路にチャリを置いて、山ん中に踏み込んだ。
木がたくさんあって(山ん中だから当たり前だけど)どの木で吊ったかなんて解らないはずなのに、
先輩は竹刀で草をなぎ払いながらどんどん進んでいく。
横顔を盗み見ると、忙しなく周囲を見回して何か探しているようだった。
風のせいか、木が軋んでいる。奥に踏み入るたびにその音が大きくなる気がして怖かった。
ふと、一本の大きな木が目に留まった。
別に開けた場所に出たわけじゃないし、似たような丈夫そうな木はたくさんあったけど、
何故だかそれは目立っていた。
「あれだ」

この怖い話にコメントする

繋がれた犬
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています