ストーカー・きちがいの話
軽トラの親父

この怖い話は約 2 分で読めます。

人生で一番怖かった体験。

右折待ちで止まっていたとき、前方の車が約50m程度の行けるか行けないかの瀬戸際で、タイミングを誤まり右折できなかった。
すると後ろからクラクションを何度も鳴らす軽トラが居て、思わず運転手を睨んだ。
まあここまでは良くあるだろうけど、危険な場面に出くわすと、本能的にヤバイと思うらしい。
何故か、その軽トラの親父と目が合った瞬間「殺される!」と直感で思って、右折して即端に寄って軽トラをやり過ごした。
するとその軽トラの親父が100mくらい先で車を止め此方に歩いてくるではないか。
あぁ、俺の人生もここまでか。。。とマジで思ったが、俺が下を向いて目を合わせなかったのが幸いしたのか、そのまま車に乗って走り去った。

隣の嫁とあいつ目が逝ってたよ、俺マジで殺されるかと思ったわと笑い話に花が咲いてその場は収まったが、
その日の夜、TVで車の運転方法で口論となって刺し殺されたトラックの運転手のニュースが流れ、その犯人は俺と目が合ったあいつだった。

マジで青くなった。幽霊も怖いが、本当に怖いのは人間だ。下手したら俺が被害者だった可能性がある。

この怖い話にコメントする

「軽トラの親父」と関連する話(ストーカー・きちがいの話)

軽トラの親父
関連ワード
関連ページ
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています