学校の怖い話
とわとわさん

この怖い話は約 3 分で読めます。

713 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/07/12(火) 15:23:19.57 ID:kLcYiL9F0
自分子供の頃からずっと”とわとわさん”って存在を聞かされて育ってきたんです
とわとわさんは何かをサボったり、怠けたときにだけ見える存在って言われてきました
とわとわさんは昔から自分がいる地方にいる(匿われている?)らしく両親もたびたびお世話になったそうです

始めから変文でゴメンナサイ

とわとわさんの特徴として
・容姿は普通のおっさん
・何かを怠ける、サボるときにだけその人の前に現れる
・子供だけじゃない大人も見える
・始めはのっぺらぼうですが、何度も会うようになると顔がだんだん現れます

まあ小さい頃は本気で聞いてても、小3くらいになると急激にバカらしくなって
でも丁度小3の頃初めてとわとわさんを見てしまうんです
確かあの時はお習字教室に行くのがめんどくさくなって友達と一緒に遊んでいたんです
で帰ってみるとドアの前に誰か立ってる
郵便屋さん?セールス?って思ったんだけど明らかに服装がそんなんじゃない
隣の中西さんが訪ねてきたのかなあと思ったんだけど

まああちらは自分の存在に気づいてないようなので「おっちゃんどうしたん?」って聞いたんだけど
こちらの存在に気づくなりその人急いで逃げたんですよね
ええ・・・と呆然としたんだけども、よーく思い出してみたら顔が真っ白だった気がするです
これが自分のとわとわさんとの始めての遭遇でした

715 とわとわさん 2 sage New! 2011/07/12(火) 15:45:03.84 ID:kLcYiL9F0
夜になってもやっぱりあの人の顔がのっぺらぼうだったか否か頭の中でぐるぐる渦巻いているんです
幼い頃に聞かされたとわとわさんのことも頭によぎったけど”始めはのっぺらぼうですが、何度も会うようになると顔がだんだん現れます”って部分をど忘れしてていまいち当時はその存在と一致しなかった

時間一気に飛びます

そんでしばらくとわとわさん見ないで高校生になったわけだけれども、自分バレー部で先輩から酷いイジメを受けて学校に行けなくなっちゃんたんです
当時は今みたいに不登校に寛容な時代じゃなかったから親からは罵られるは、担任とは1週間に1回無理やり圧迫面談させられるわ
まあイジメた先輩達が優等生で立場的にも自分が不利だったってのもあります これはまた別の話

で田舎だから外出して近所中の噂になっても困るから・・・って親からは必要時以外は外出するなと念押しされた
自分も何もやる気起こらなくて12時くらいに起きて、夜遅くまでパソコンして・・・って典型的なニートの生活を送ってた
そこでとわとわさんと2回目の遭遇をするんです

ある日起きてみたら部屋に人の気配がするんであわてて掛け布団の中にもぐりこんだ
親かなあと思ったんだけどいつも通り12時に起きたならとっくに2人とも働きに行ってる筈
ばあちゃんの気配でもないし・・・
もしかしてこの家が不在だと思って侵入した泥棒?って思った。もう考えられるのはそれしかないよな
で意を決して布団の隙間から覗いてみた

足があった。短パンなのか毛むくじゃらのおっさんの足っぽい
そこに短パンのジャージがちらっと見えたんだけどもうその瞬間見るのを止めた

この怖い話にコメントする

とわとわさん
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています