追いかけてやる

たぶん15年以上前の洒落怖にあったんだけど、 夢に怖い人が出てきて、その人に「追いかけてやる」的なことを言われた。 何年か経って、またその怖い人が夢に出てきた。 つかまる前に夢から覚めてホッとしたんだけど、その夢の話を友人に話したら、「でもその人はまた夢に出てきた(追いかけてきた)んだね」って友人に言われて、次に夢を見たらどうなるんだろう?と不安になる話。 猿夢とは違う話です。 昔の団地みたいなと...続きを読む

猿夢を見た

285 1/3 sage New! 2009/05/14(木) 23:55:30 ID:JfEejSJq0 【グロ注意】 猿夢を見たことがある 多分寝る前にPCでまとめサイトを見ていたからだと思う 通学に使っていたオレンジと深緑の電車のボックス席に座っていた 乗客はまばらに5・6人いたと思う 次の駅までまだなのに停車のアナウンスがなぜか流れたんだ 「ご乗車ありがとうございます 次は串刺し~」 途端...続きを読む

ナルコレプシー

ナルコレプシーという病気がある。自分の症状はこれに近いと思った。話している最 中などに意識が瞬断して(寝て)しまう妙な病気だ。  日中、仕事をしている間は大丈夫なのだが、帰りの電車の中でいきなり寝てしまい、 寝過ごすことが多くなった。何だそんなこと、と思えるかもしれないが、ちょっと尋常 でない。小学生の頃など、夕方など中途半端な時間に寝てしまい、時計を見て飛び起き て遅刻する! と思ったら夕飯の時...続きを読む

夢の干渉

295 本当にあった怖い名無し sage 2011/11/22(火) 08:38:48.54 ID:pwslYEio0 今年の夏に体験した事なんだが自分的に非常に恐怖を覚えた体験。 他の人には怖くないかも知れない それは本当にすまんと言っておく。 8月に入って間もない頃だった。 夜暑くて寝苦しくてなかなか寝付けずにいた。 でも目を閉じていれば寝ちゃうんだな。 ふと気がつくと夢を見ていた。見たことの...続きを読む

猿夢でしょうか?

はじめまして。洒落怖好きの、仮にカトと申します。 突然ですが、猿夢らしい夢に思い至ったので皆様のご意見をもらいたく、横槍ながらカキコします。 文章下手で、わかりにくかったらすみません。 昨日からニコ動のギコウプヌシーを見てて、はっと気づいたのですが猿夢って『電車に乗る』『次々変な形で死ぬ』って夢ですよね? 昔から何年かに一度同じ夢を見てて、それが猿夢っぽいんです。前回を思い出して書くので、詳細が薄...続きを読む

怖い目に合う方法

怖いのが大好きでまとめサイトのシャレコワ読んでるんですけど 全く怖くはないし、心霊スポット巡っても俺は見た事ないしで 一人かくれんぼしてもでた事はなかったのね。怖かったけど。 で怖い目に会う方法かなんかの鏡のやつをやってみたけど もちろん出る訳もなくがっかりしてて、よく昔3面鏡とか 紫ババアとかそういう話があったからろうそくも魔方陣っぽく 6本配置して女の子がよく使うB5用紙くらいの折りたた...続きを読む

猿夢にあった話

猿夢に近鉄特急のフォーマットで遭遇した。 前の座席の背中には、広告がついてた。大きさはB5サイズぐらい。 広告の内容は、いつか「カルラ舞う」に出てきた巫女(慶應生まれ)がフキダシで何か宣伝してる。 フキダシの中身は見る度に変わる。 前の方で、猿が何匹か乗客を踊り食いにしてる。 何回目かに広告を見たとき、フキダシの内容が「受け身をとりなさい」になった。 気付いたら、布団を左腕で叩きながら上体を軽く起...続きを読む

猿夢撃退法?

まとめサイトの「猿夢」見てるうちに思い出した。 子供の頃、「明るい猿夢」とでもいうか、「猿夢撃退(?)」的な夢を見たことがある。 前後の経緯は忘れたが、夢の中で自分は大勢の人が並ぶ列に並んでいた。 手にはなにか罪状の書かれた紙を持っていて、 その罪のためにもうじき処刑されるのだということを漠然と理解していた。 しかし、その罪状というのは殺されるほどではないような、 たとえば「寝坊で遅刻した」レベル...続きを読む

捧げ物

今朝見た夢があまりにも頭から離れないので書くわ。 まぁ聞いてくれ。 ある日の夜、俺の家に突然見たこともない家族が訪問してきた。 家族構成は父親と母親、兄と妹、それから祖母の5人家族だったと思う。 その家族は、俺の家に入るや否や 「一晩だけでも泊まらせてくれ」と一生懸命頼みこんできた(理由は分からない)。 突然そんなことを言われて俺も大分渋ったが、土下座までされたので、 面倒臭いなぁ、と思いながらも...続きを読む

猿夢系

うっわー・・・。猿夢っぽいのを見てしまった。 いつも夢は白黒だけどその夢に限ってカラーだったしな。 気がつくと自分はすでに台の上に磔にされていた。 バツの字に両手両足拘束。 誰かがやってきた、5人ぐらいのジジイ達だった。 ジジイ達は俺を囲むようにして並び真正面にいた奴がなにやら 黒い箱を持っていた。赤い字でなにか書いてある。 俺の頭の方にいたジジイが箱の中からなにやら紙をひいた。 「6!」とジジイ...続きを読む