ホテル・旅館
2007年 ホテルで

この怖い話は約 2 分で読めます。

転載OKと書いてあったので 幽霊遭遇記録ブログ http://souguki.blogspot.jp/ からの転載
想像してしまったきもちわりーw
—————————————-
[幽霊遭遇] 2007年 ホテルで

おそらく、35歳くらい。2007年の出来事。
場所は長崎、佐世保。ビジネスホテルでの遭遇。

ベットに入り、うつらうつらとしかけた時に
ガザッ、ガザッ という感じの音が聞こえてきた。
電気をつけ、音のする方向を見た。

仰天した
部屋のドアの下の隙間から
10本の指が差し込まれじゅうたんを引っ掻いていた。
細くて長い指、1本15㎝くらいあるように見える。

昆虫の足のような指が、絨毯を引っ掻いている。
手の甲は見えない。指と爪だけが見える。

あまりに気持ちの悪さにスリッパを投げつけた。
ドアの外から引っこ抜かれたように消えた。
「入ってくるつもりだろうか?」理由は無いが、そう感じた。

朝まで電気を付けたまま、起きておくしか無い。そう覚悟を決めた。
決めたはずだが、寝てしまった。結局入って来たのかは、判らない。

所感
これ程の気持ち悪いモノと遭遇したのは、初めてかもしれない。
通り抜けたり、通り抜けられなかったり、
生きた人そのままだったり、このように変形していたり。
幽霊もいろいろあるようだ。不思議だ。

この怖い話にコメントする

2007年 ホテルで
関連ページ
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています