洒落怖
公衆電話

この怖い話は約 2 分で読めます。

こないだあった出来事
会社帰りに駅から自宅まで15分弱歩くんだが、
途中の公園に電話ボックスがあってさ
で、中に男が一人いたんだ
結構若かったと思う、20代くらい?
受話器も持ってないし、なんかぼーっとしてる
歩道沿いのボックスだったんで脇を通り過ぎようとしたら、
男がいきなり公衆電話をガッとつかんでガタガタ揺らしながら、
頭を思いっきり前後に振りだした
よだれがボックスのガラスに飛び散ってつつーと滴るのが見えるくらい
で、なんか知らんが頭振ったまま俺を指さすんだよ
周りを見回したけど通行人はいるがこの事態に気づかないくらいの距離がある
気持ち悪くなって走って通り過ぎたんだけど

んで、それで終わりじゃなかったんだよね
マンション近くまで来た時、近くのコンビニの公衆電話にまた男が立ってた
でもさっきのとは明らかに違うやつ
60近いおっさんだったと思う
でも、俺がコンビニに近づいてくとさっきのやつと全く同じ動きしだしたんだよ
しかもさ、コンビニにはたくさんお客がいたし、前に学生もたむろしてたんだけど、
そいつらは全然気づいてないんだよ
公衆電話がガタガタガタガタすごい音してんのに
頭振りながら、俺の方指さしてきた
走って帰ってきたけど、あれなんだったんだよ

この怖い話にコメントする

公衆電話
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ