洒落怖
死後の悩み

この怖い話は約 3 分で読めます。

968 本当にあった怖い名無し 2009/04/06(月) 21:35:31 ID:HmMS1Krl0
霊感ゼロの俺が通りますよ。

わが人生唯一の怪談めいたものを投下する。

俺は、愛媛県松山市の愛○中学に通っていて、当時2年生だった。ここは中高一貫のミッ
ションスクールの男子校の進学校(現在は共学orz)で、生徒の半分以上は寮生だった。
実家は、静岡県清水市(現在の静岡市清水区)だった。長期休暇に帰省して、居間で母親
とテレビのニュースを見ているといきなり母親が泣き出して、どこかに電話をかけ始めた
のであせった。

969 本当にあった怖い名無し 2009/04/06(月) 21:36:21 ID:HmMS1Krl0
電話を切ってやや落ち着いた母親に事情を尋ねると、高校(母は清水市立西高校という女
子高の卒業生)の同級生だった女性の夫の死のニュースであったらしい。その人は、会社
帰りに同僚といっぱい飲んで、一人で駅から徒歩で帰る途中に足を滑らせ転倒した。運悪
く植え込みの中に倒れこみ、花壇の縁で頭を強打した。さらに植え込みで体が隠れてしま
い、誰も気づかなかったのであった。結果凍死したらしい。翌日すぐに御通夜に母は行っ
た。

970 本当にあった怖い名無し 2009/04/06(月) 21:37:24 ID:HmMS1Krl0
次の長期休暇に帰って来た時、俺はその後日談を聞くことになった。母は、件の同級生と
親友の間柄で、初七日・四十九日と法事は一通り行ったらしい。法事の時、和(おっ)さ
ん(古い静岡方言では和尚さんをこう呼ぶ。アクセントは「お」の上)が、「旦那さんが
お父さんを天井からじっと見ている」といったらしい。件の同級生の女性の家族構成は、
旦那さん・女性・高1の息子・寝たきりの夫の父の4人構成であった。夫亡き後、件の女
性は保険の外交員に復帰(以前やっていたらしい)することになったのだが、女性と大学
受験の近づいてくる息子には寝たきりの老人が負担になると旦那さんが苦にしている、と
和さんは言ったらしい。

また次の長期休暇に帰ったとき、何かの弾みで俺は続きを聞いた。「でもほんとに2月く
らいでおじいさんはなくなっただよ。」と母は言った。「で、考えてみると旦那さんは友
引の日になくなったんだよね。」…出来過ぎてるが、ほんとの話だ。

この怖い話にコメントする

死後の悩み
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています