洒落怖
キュルルル

この怖い話は約 3 分で読めます。

285 1/4 sage New! 2008/05/28(水) 16:42:53 ID:BP+Rur2F0
私が経験した、恐ろしかった出来事をお話します。
最初にお断りしておきますが、文才のなさと長文をお許しください。

以前、私は電話や来客を応対する、いわゆる受付嬢をしておりました。
当時その会社にかかってくる電話は、実際その4割が
業務と全く関係のない営業電話であったり、迷惑電話であったりと
その多さたるや、一日中お断りの言葉を繰り返していると実感したほどでございます。
ナンバーディスプレイを導入するも、実質あまり意味を為しておりませんでした。
また、業務は大変忙しく、事業内容が貿易関係だったのもありまして
海外からのご連絡も少なからずあり、ただの受付である私も
深夜12時過ぎまでのシフトを組まされ、ひたすら電話応対をする日々でした。

前置きが長くなりましたが、その日々の中で私が受けてしまった
とても奇怪な電話のお話です。

286 2/4 sage New! 2008/05/28(水) 16:44:07 ID:BP+Rur2F0
その日私は、いつものように深夜勤をこなしておりました。
時刻は正確には覚えておりませんが、午前0時過ぎだと思います。
外販部の方には何人か居るようでしたが、事務所には私が1人でした。
すぐにプルルル、と電話が鳴り、受話器を取りました。

「はい、A社でございます」
 『はい、ザザーッ A社でございます、ます、キュルルーッ』
「もしもし?」
 『もしもザザーッし、もし?キュルーーッ』
「こちらはA社でございます、どちらさまでしょうか」
 『こちらはA社でございます、ザザーッいます、どちらザザッさまでしょうか、うかキュルルルッ』

その相手は、私の言葉をそのままオウム返ししてきました。
奇妙なのはまるでボイスチェンジャーを使ったような声と、
語尾部分のおかしな繰り返し、ザザーッという砂嵐のような雑音、
そして「キュルーッ」という、ビデオを早送りをしたときのような音でした。
気味が悪いと思いましたが、どうせテープレコーダーなどを使ったイタズラだと思いまして
「失礼します」と言うなり、返事も聞かずに電話を切りました。

しかし受話器を置くなり、また同じ電話がかかってきたのです。
「はい、A社でございます」
 『はい、ザザーーッA社でごザイマス、ザイマス、キュルルーッ」
「失礼します」
がちゃ。
プルルル…
「はい、A社でございます」
 『ザザッイ、Aシャデゴザイマス、ゴザイマス、キュルルーッ」
がちゃ。

この怖い話にコメントする

キュルルル
ここ1か月ででよく見られています