短くて怖い話
鉄パイプの壁

この怖い話は約 2 分で読めます。

503 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/10/04(火) 11:54:41.19 ID:YyMoR2380
夢かも知れないが昔の話を
小学生低学年の頃、一人、部屋で漫画読んでたんだ。確か、『今日から俺は』だったかな?今井バカだー、と爆笑してたら、ふと部屋の隅が気になったのよ。
じっと見たら、ガコンって音がして鉄のパイプが上へ伸びていく。
一箇所だけじゃなくて、次から次に伸びていき、部屋の壁が見えなくなった。
で、機会音と共にゆっくりと床が上昇。
天井は何故かなく、鉄パイプで出来た壁はどこまでも続いてて先はまっくら。
どんどん登っていって、少しして停止。

先と違うのは、止まったとこに、鉄の扉があるぐらい。
で、ギィ、と扉が開いて、人が入ってくる。
チキンな俺は相手の顔が見れなくて、俯いたままフリーズ。
その誰かが頭を、ぽん、と触れた瞬間浮遊感があって、気がついたら元の部屋。
漫画も開きっぱなしの状態だった。

まあ、普通は夢だと思うのだが、確かあのあたりから奇妙な体験することが増えたよなあ、と思い返してみたり

この怖い話にコメントする

鉄パイプの壁
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ