本当にあった事件
広島新交通システム橋桁落下事故

この怖い話は約 1 分で読めます。

1991年(平成3年)3月14日午後2時5分頃、広島県広島市安佐南区上安2丁目で、
前日仮設置していた長さ65m、重さ43tの鋼鉄製の橋桁が、10m下の道路に落下する事故が発生した。

この怖い話にコメントする

「広島新交通システム橋桁落下事故」と関連する話(本当にあった事件)

広島新交通システム橋桁落下事故
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ