後味の悪い話
Zチャンネル

この怖い話は約 2 分で読めます。

町山智浩の「キャプテン・アメリカはなぜ死んだか」に載っていた話

昔、ロサンゼルスに「Zチャンネル」という映画専門のケーブルテレビ局があった。
映画のセレクトを担当していたのはジェリー・ハーヴェイという映画マニアで、
普通、アメリカのテレビでは観られなかった世界各国の芸術的映画をノンストップで放映し続け、
Zチャンネルはロスの映画ファン垂涎のチャンネルになっていった。

アレクサンダー・ペインやクエンティン・タランティーノといった名匠もZチャンネルで映画を学び、
劇場公開時には見向きもされなかったオリバー・ストーンの『サルバドル/遙かなる日々』は、
Zチャンネルが再放映したことで注目され、アカデミー賞2部門にノミネートされた。
しかしこの存在を疎ましく思ったワーナー傘下のケーブルテレビ局HBOは、
他の映画会社と結託してZチャンネルに映画を供給しないよう業界に圧力を掛けた。
作品不足に苦しみ始めたZチャンネルはCMを入れたり、スポーツ放映も始めてみたがうまくいかず、
1988年、失望したハーヴェイはサム・ペキンパーに貰った銃で妻もろとも自殺した。

576 : 本当にあった怖い名無し : 2012/04/12(木) 13:31:42.89 ID:qtdGQQpTO
>>575
大手(ワーナー)がZチャンネルと同じような内容勝負で切磋琢磨しあい、最終的に大手が勝ったとかならともかく…
ただの兵糧責めで潰すってのが後味悪いな

577 : 本当にあった怖い名無し : 2012/04/12(木) 13:48:02.19 ID:y2dFB1Ji0
電通や大手コンビニや読売巨人軍が似たようなことしてるな

592 : 本当にあった怖い名無し : 2012/04/13(金) 20:03:23.92 ID:17sRvNfi0
>>575
実話は後味悪さが違うな

この怖い話にコメントする

Zチャンネル
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています