仮出所の日

マンガ、力王の序盤の話
脇役Aは雨の日の真夜中、産気づいた妻を乗せ病院に行く途中の運転中に
通行中の男性を轢殺してしまう
本来なら交通刑務所行きだが被害者が警察官だった為、普通の刑務所に収監
Aは真面目に仕事をし空き時間に作業で余った材料の破片で子供の為の
玩具を作りながら仮出所の日を楽しみに待ち続けていた

しかしそれが気に食わない牢名主が嫌がらせでAが不正行為をしている
というでっち上げを刑務官に報告しAの仮出所は取り消しに
Aは事実では無いと刑務官に訴えるも牢名主に癒着していた刑務官は
聞き入れない
それに絶望したAは首吊り自殺をしてしまうのだった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。