かなりやばい集落見つけました。

山自転車男の方が「古臭い名前」と書いているところを見ると、
彼が目撃したと言っているのは卒塔婆ではないのだろう。

しかしはっきり言って山中に放置された木製の墓標が
数十年オーダーで朽ちずに残っているとは到底思えないんだが?
少なくとも表面の文字は判読不能のはずだぞ?

132 :名無しさん:2000/07/03(月) 20:13

俺も宮崎県人だからマウンテンバイクさんの言う場所はだいたい、
さっしがつくよ。
マウンテンバイクさん
今度いくときはその集落のもっと詳しい様子など報告プリーズ。
ついでに、ちょっと危惧しているのは宮崎市側からだとマウンテン
バイクさんの言うように険しい遠いへんぴな所といったイメージ
だが、もしその集落にべつのルート(北郷側)があって、10分も
車で走れば大きな道(R220や田野~日南線)にでるなんてこと
ないかな?。

156 :マウンテンバイク:2000/07/04(火) 10:31

すいません、仕事が忙しくて書き込み今日の夜中になりそうです。
ちょっと興味深い発見がありました。現場に行くのは、水曜日の夕方になりました。
それでは。

160 :マウンテンバイク:2000/07/04(火) 12:24

今、昼休みです。
仕事は、主に、パチスロのロムを作る仕事をしてます。
最近は出社が多いですが、家で仕事をすることもあります。

181 :マウンテンバイク:2000/07/05(水) 03:19

さっきやっと、仕事が終わりました。最近忙しいんです・・・
さて、その近くに住む林業を仕事としてる(仮に)Iさんに話を聞いたところ、昔、Iさんの祖母から聞いた話をしてくれました。
まずその山の名前は、『家一郷山』といい、大昔の神話の時代から言い伝えのある神聖な場所だったらしく、
古来から山奥に山を神として崇める先住民族がいたらしいとのことでした、その後その言い伝えを利用して、その山奥に逃げるようにして、入っていった平家もいたらしいんですが、
その先住民族によってその場所は守られつづけたという言い伝えがあるそうで、そのIさんの祖母は、子供の頃、山で遊んでいて、その村とかにいったことがあったという記憶があるそうです。
そのころから、本当に少ない集落で北郷の集落とは一線を隔したものだったらしく、北郷の人たちも崇拝していた民族がいたとのことでした。
その話を聞いて、私は、その場所は、その民族の名残の集落なのではと考えました。
この前、行ったときは、恐怖感が先に立ってしまい、見るもの目に入らず、みたいなものがあり、もしもっとその集落の奥深くに進めば、その集落が、崇める何かに出会えたのかもしれません。
今日の夕方に行く予定なんで、その点について詳しく観察して、みようと思いました。
あと、卒塔婆についても、、、、

204 :マウンテンバイク:2000/07/05(水) 23:48

友人が大変なことになってしまったので、今日の夜遅くか、明日の朝に書き込むことになるかもしれません。大変なことになりました。

205 :チクビーム:2000/07/05(水) 23:52

げげげ、どうしたんだろ。

マウンテンバイクさん
お友達は大丈夫?

208 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 00:05

今から、友人の実家に行ってきます、まずいことになったんです。
そのことについても後で帰ってきてから書きます。
・・・書いていいのかわかりませんが、書かないではいられないので。
すぐ帰ってきます。

213 :名無しさん:2000/07/06(木) 00:46

ど、どーしたんですか???!!!

222 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 01:31

今帰りました。

228 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 01:48

今日の6時半に出発したんですが、あの集落の入り口付近に到着したのは大体あたりが薄暗くなってきた頃でした。もうだいぶ暗かったんで懐中電灯を持って(点けずに)森の中に入っていったんですが、あの分かれ道のところに来た時あの立ち入り禁止の看板が無くなってたんですよ。そこで気づいたんです。集落の方に明かりが見えたんです。
そこで、今日こそは住民の人に話でも聞こうと思ってたんで、友人が果敢にもぐんぐん進んでいったんですよ。

前来た時、家は4軒しかなかったと思ってたんですが、その奥のほうにもう一軒山肌にくっつくように建物がありました。その建物と、あと一軒、以前、老婆が居た棟じゃないところから明かりが見えてました。この時点でわかったことは、この集落にはあの老婆だけではないこと、山際にもう一軒ある建物はなんだか住居のようではないということでした。この時点で私達は相当ちじみあがっていたんです、だってその雰囲気がとても怖いんですよ。どうしようかと思いましたが、友人を前にして少しずつ近づいて行ったんです。

234 :チクビーム:2000/07/06(木) 02:01

…うぉ、すごい度胸ですね…
続きが気になりますな。

242 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 02:25

そしたらですよ、音に気づいて扉がザーって開いたんですよ、これはやばいと思ってものすごい勢いで走って逃げたんですが(怖さに耐えられず)、その時後ろの方で「わぁー、うっぁーー、#$%&%%#”!”#$%」となんだかわからない声が聞こえてさらに逃げて、分かれ道を過ぎ細い道まで出たんです。そこで気づいたんですが、友人が居ないんです。ものすごい自責の念と恐怖で、どうしようかと考えた後しばらく待ってみてこなかったらやっぱり集落の方に戻ることにしました。そして待つこと5~10分くらいでした。友人が帰ってこないんで、戻ることにしたんです。そして分かれ道を過ぎたあたりで、友人がフラフラたらたら歩いてきたんです。
どうしたんだってきいても、ちょっとしたショック状態になってた友人は朦朧としていた。友人を引っ張って自転車のあるとこまで行き、友人に話を聞こうとすると、一言『もうやめたほうがいい』っていうんです。なにが?って聞いたところ、『あそこは俺らが気楽に行っていいとこじゃない、あそこは神聖な場所なんだ』そのあと、言葉もよくわかんねーばあさんにどつかれつづけたということでした。そして、男に突き放されたといっていました。友人は相当ショックを受けたらしくしばらくジョイフルで休憩し友人が落ち着くのを待って帰宅したんですが、家に着いてすぐ電話してみると、友人の母から、友人が寝込んでるという話を聞きました。

243 :名無しさん:2000/07/06(木) 02:26

マウンテンバイクさん、、、
泣いているの?
心配だ

251 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 02:42

そして謝罪と詳しい話を聞く目的で、友人宅を訪れたところ、友人は布団には入ってるもののだいぶ落ち着いていました。あんしてあの集落のことについて話してる時友人の話には興味深い点がいくつかありました。

253 :>247:2000/07/06(木) 02:46

なんでって・・・

254 :>247:2000/07/06(木) 02:47

なんでって・・・
心配だ

255 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 02:52

まず俺が逃げた直後に友人は動けなかったらしいんですよ、そして私が、逃げたことを知って、初めて我に返り逃げ出したんだけど、まず、小さな男にぐぃっとつかまれて何かを言われたらしいんですが、なにをいわれたかおぼえてないんだそうです。それが友人のわかる言葉だったのかどうかを聞いたんですが、友人が言うには、恐怖感でいっぱいだったし、錯乱状態だったそうなんですが、自然とここには来るなといってる様だったといってました。その後逃げようとしたら、婆さんが近づき棒のようなものでつつかれて、しまいにはその男に突き飛ばされたそうなんです。
そこで私は質問しました。その男は年はいくつくらいなのかと、すると友人はひげをぼうぼうに生やして変な服を着ていた50代後半から60代くらいの男だったといってました。変な服とはどんなのなのかを聞いたんですが、それは浮浪者のような汚い服とは違っていたということしかおもいだせなかったんです。

そして、放心状態で立ち上がるとこの前行った墓があったほうに続く道(集落と墓をつなぐ道のこと?)があってそっちからまた違う婆さんが歩いてきたそうです。その婆さんは友人の方をじっとにらむだけで何も言わなかったらしいです。そこで、その婆さんは友人にはなにもいわなかったのに、友人はすごく辛い気分になったといっていました。どうして?って聞いたら、その婆さんの目が、心に刺さるような目であったことと、何かぐっと心がつかまれるように感じたといってました。そんな話をしていて、ふと気づいたんですが、私が、ここに書き込んでから、この集落に行った人が居たんじゃないかと思ったんですが、いないだろうか?あの、立ち入り禁止の看板がなくなってることといい、友人の話からわかるように住人が怒ってることといい、どうなんだろうということを友人と話してました。
あと、友人が聞いた言語のことなんですが、私は、そこに元からあるような特別な言葉だったのではないかと考えました。怒りをあらわにする時に自然にでる言葉ってそういうものの気がする。しかし、そこの住人は、日本語がつかえるはずだと思います。なぜなら立ち入り禁止の看板を書いたんですから、今日は無かったけど、、、うーん、外部の人が置いたってことも考えられるなーーー確かに

263 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 03:11

友人の聞いた言語のことですが、たしかにそこの集落特有の言語がある可能性は高いことがわかりました。人間怒りをあらわにする時に出る言葉ってそういうものの気がします。でも、住人は日本語を使える可能性も高いと思います。なぜなら、立ち入り禁止の看板を書いたんですから、、、でも、、、外部の人が持ってきたかもしれない、、、、

264 :はむ:2000/07/06(木) 03:11

大変でしたね、MBさん。
お気持ちは察しますけど、逃げたのがいけなかったんですね。
お友達は軽いショック症状で疲労状態になって寝込んだんですね。
昼間に民俗学的な知識を持った人を同行してもらって謝罪を兼ね再び訪ねるのが
いいんじゃないでしょうか。手土産を持参するなりして….
お友達のショックを和らげるためにも、それは必要なんじゃないかと思います。
ちょっと心配してしまっています。

265 :名無し:2000/07/06(木) 03:14

これは・・・なんとも優秀スレだ・・・

268 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 03:16

264さん>そうなんです、逃げたのがいけなかった、、、、今では心から反省しています。一時は友人を傷つけたそこの住人に怒りさえ感じましたが、後で冷静に考えたら、それはお門違いだということに気づきました。やっぱり興味本位で不法侵入していった私達のほうに非があるからです。
しかし、あの神秘的な場所への興味も強いことは確かなんで、264さんの言うように謝罪に行きつつ話を聞いたりできないものかと考えてます。

271 :名無しさん:2000/07/06(木) 03:17

でも本当に悪かったと思うのなら行って真剣に謝り、
ことに推移を話したほうがいい。
絶対集落の人も理解してくれると思う。

272 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 03:18

友人は、もう行きたくないといってるし、お前も行くなといってるんですが、明日あたり、一人で行ってみようと思います。

275 :名無しさん:2000/07/06(木) 03:19

一人はやめた方がいいよ。心配。

278 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 03:20

ここまできたら、全貌を明らかにしたいし、集落の人にも謝罪したいし。
明日必ず行ってすべてを聞いて来たいと思います。

282 :ちこ:2000/07/06(木) 03:24

うぅ、なんかこういう話を面白がってる私たち・・すごく悪いこと
してる気がしない??なんか・・・その村の人たち、そっとして
おいてあげたほうがいいんじゃないかな。
マウンテンバイクさん、そう思いませんか?
お婆さんの話読んでから、ちょっと胸が痛む気持ちです。
その人たち、何も悪いことしてないんだし、かわいそう・・。

286 :名無しさん:2000/07/06(木) 03:28

私も282さんに同感です。
勝手に自分の家の庭に、見知らぬ人が入ってきたら
誰でも嫌な気分がしますよね。
私も、今まで興味本位でこのスレを見てたけど
なんか、胸が痛みます。

288 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 03:29

どうしよう、いろんな意見に困惑中です。
友人は行くなというし、でも私の興味はつきない、、、でもそっとしておいて欲しいという意見も一理あるきがした、、、どうしよう。明日の昼までにはどうするか決めます。
皆さんは、どう思います?

289 :名無しさん:2000/07/06(木) 03:30

とにかく、一人で行くのはやめたほうがいい。

294 :マウンテンバイク:2000/07/06(木) 03:34

友人にもう一回相談して、さらにはその方面の知識がある人、その地域に詳しい人を探してみます。昨日の今日ではさすがにどうかと思います。しかも、そこの集落の人のことを冷静に考えてみると、気の毒に思えてきた、今まで守ってきた何かが、明かされるのっていい気がしないと思うし、、、、、
すごく悩んでから決めることにしようかな。

295 :名無しさん:2000/07/06(木) 03:37

自分たちが大切にしてる場所が
興味本位で荒らされたら、悲しいだろうな・・・
「面白がって訪問する」という行為も
荒らす行為のひとつではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。