本当にあった事件
JR福知山線の事故後

この怖い話は約 3 分で読めます。

既出だったらごめんよ。
ラジオの松本人志、高須光聖の放送室
JR福知山線の事故後の放送(第194回)より

構成作家の高須光聖に最近あった弟からの電話の話。
肉親からの電話は何かあったんじゃないかと思うから腹立つという話から

高 電話したんですよ(弟に)、「何やねん」って言うたら、

松 うん、うん。

高 「ちょっと相談のってくれへんか。」来た・・、「何やねんお前、何やそのトーン。」

松 金か? 高 いや、一瞬金かなと、「どないした?どないしたんや?」言うたら、
  「違うねん・・・、あの~うちの」まぁまぁ娘って言ったら
  オレから言うたら姪っ子な。3歳やねんけど、
  「あの~・・・(娘が)ちょっとすごい、ちょっとおかしいねん。」
  「え?なんやどうおかしいねん?」言うたら~・・・

松 怖いなぁ。

高 怖いやろ?「お前何がおかしいねん?」言うたら、
  「・・・あのなぁ~・・・どう言うたらええんかなぁ~・・・。」って
  「早よ言えや!何やねん!」言うたら、

松 フフフ(オチを期待して笑う)

707 名前: 放送室 2/3 2006/07/31(月) 02:57:15 ID:CRs2HNtq0
高 あの~、あの尼崎で、事故あったやろ?
松 うん、うん。

高 バーン!あったやろ?
松 その後なんか・・・、

高 その日の、その日やねん。その日の夜中に、(娘が)起きたんや。
  バーっと起きて、「オバケ~~~~!!」って言うねん。
松 も~・・・

高 ずーっとやで!声枯れるくらいに、泣きじゃくって。
  ずーっと家中で言うてんの。
松 ちょっと、自分その話あかんわ・・・。

高 あかんやろ!?で、オレは「何でやねん!?怖いな~!」って、
  「怖いねん」ってうちの弟も言よんねん。
  でそれから、次の日も、その次の日も夜中になったら起きんねん。
  泣いて。
松 ちょっともうやめて。も~・・・

高 いや、そやねん。ほいで、そんときに、それをなんとかして欲しいと。
  
松 あの~、ん~、その事故現場から、そのマート(高須の弟)の家って
  距離にしてどんなもんなん?

高 1キロないくらいかな~?
松 あ~、近い。

高 近いねん。ほいで、「あの~見てもらわれへんか?」と。

708 名前: 放送室 3/3 2006/07/31(月) 03:00:15 ID:CRs2HNtq0
(中略)高須の担当する番組(オーラの泉)の江原さんと言う人に
見てもらえないか?と訪ねる弟に、高須はそれは無理だからお祓いに行けと言い。
それから連絡はしていないという。

この怖い話にコメントする

JR福知山線の事故後
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています