占い・おまじない、呪い
ボ○○

この怖い話は約 3 分で読めます。

119 ひつまぶし 1/9 sage 2011/08/30(火) 02:14:38.18 ID:U1+NPuJS0
ちょっと毛色の変わった話を投下してもいいかな?
まあオカ板らしい話なんだが、あんまり怖くないちょっと地味な話。

普通の精神疾患は脳の内分泌異常が原因なので
現代の精神医学は薬物療法が主流なのね
(認知行動療法もまあまあエビデンスがあって
使われてるけど)。でも、薬物療法が利かなかったり
西洋医学不信がある一部の患者が「心理療法家」みたい
なのを頼ったりする。

で、私の知り合いに副業でそうした「心理療法家」を
している人がいるのだが、この人がいわゆるユング派の
療法家なのです。ユング派の人はオカルトがかってるのが
普通らしくて、この療法家のKさんが、十数年前に
体験した話なんだそうだが、ちょっと興味深い話を聞かせてもらったので。
121 ひつまぶし 2/9 sage 2011/08/30(火) 02:16:45.80 ID:U1+NPuJS0
あるとき、KさんのところにSさんという女性が相談に訪れた。
Sさんは、小学校低学年のころに母親が再婚したのだが、
その義父が程なくしてSさんを性的に虐待するようになったそうだ。
そして、Sさんは義父の性暴力の恐怖から逃れるためにか、
家にいるときには空想にふけりがちというか、
幼稚園児くらいの小さな女の子によくいるように
「見えないお友達」と仲良くするようになったらしい。
義父が来るのが夜だったので夜の恐怖を紛らわすためか
寝る前に「ボ○○」という名前の竜が寝室にやってきて寝るまで
お話をするんだそうだが、その「見えないお友達」は童話の
『エルマーとりゅう』に出てくるような姿形をした竜で、
本人にはそれが空想だという自覚はあるんだが、凄いリアルに
まさにそこにいるのが「見える」のだったそうだ。

122 ひつまぶし 3/9 sage 2011/08/30(火) 02:18:48.21 ID:U1+NPuJS0
で、理由は知らんが彼女が高校に入る頃に義父が飛び込み自殺をした。
Sさんも義父から解放されて、全部を忘れて新しい人生が開けるんだと
思ったそうだ。「見えないお友達」のボ○○も(それが虐待からの現実逃避の
産物だという自覚はSさんにもあったので)、いなくなるんだと思った。
ところがボ○○はいなくならなかった。義父の自殺によるゴタゴタが片付いた日の夜、
ボ○○は寝室に現れて「ボクがアイツを喰ってやったんだよ」と言ったそうだ。
訪問頻度はぐっと減ったものの、ボ○○は夜になると時折やってきた。
Sさんも、義父が死んで解放されてから、だいぶ明るくなり、
思春期だということもあって高校の同級生とかにときめくことがあった。
だが、日中に何かそういうことがあると、その晩にはボ○○がやってくる。
で「君に近づく奴はみんな喰ってやる!」というんだと。しかも、何回目か
以降には、ボ○○が(嫉妬なのか?)怒り狂って、彼女を爪やなんかで
傷つけるようになったそうだ。ボ○○との会話は夢現でのことらしく、
しかし朝起きると、身体のまさにボ○○にやられたところになぜだか
ひどい引っかき傷(時には裂傷)がある。彼女はそのことにひどく怯えたのだが、
しばらくするとそういうこともなくなった。

この怖い話にコメントする

ボ○○
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています