怨念憑依

この話の本編を公開する前にお話しなければならない事が御座います。 と言いますのも、この話、過去に二度しか語ったことが無いのです。 その理由はつまりこうです。 一度目に話したのは高校の修学旅行の時でした。 私の話を聞くためにクラスの全員が一部屋に集まっていました。 もちろん他のクラスの人間はその事を知る由もありません。 1F南棟横一列の五部屋が私のクラスに与えられた部屋割りでした。 その五部屋の丁度...続きを読む

間違い電話

841 神風特攻隊 sage 2006/06/16(金) 14:00:10 ID:UtlZ57l90 ネットで見かけた話です。既出だったらスマソ 「少し前、俺がネットを徘徊していた時のことだ。 赤い部○完全ver.といった恐いものを色々と見ていたんだが、何か一つ違うのがあった。 それは確か、良くあるあれだ、怖い画像が表示されていく中での迷路みたいな。 君の悪い画像が多かったっていうか、作ったみたい...続きを読む

68 本当にあった怖い名無し sage 05/01/17 01:24:56 ID:yaJYrkxx コピペなんですが。シャレになってませんよ。 これは1年ちょい前、実際に見た話です。 家の近くで子供3人が遊んでいる横を自転車で通ろうとしたときなんですけど、なんかへんやなあ、見間違いかなあ って思ってたんです 最初。 で、だんだん近ずくにつれ真相が分かってきたんです。 小6ぐらいの子供が左手に持って...続きを読む

トンネルにて

933 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/11/01(水) 18:57:52 ID:xco/+y1i0 はじめに:地域特定されない為、言葉は標準語に直しています。 俺たちの関係って師匠シリーズの昆布さんと師匠に似てるような気がする。 俺が所属してる地元の青年会(のようなもの)にいる先輩と一緒に二度目の肝試しをしている時に感じた事だ。 当時から師匠シリーズのファンだった俺は、なん...続きを読む

捨てた自転車

365 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/12(火) 03:40:52 ID:pD4p4G5X0 友人(Aとします)の話です。 Aには愛用の自転車がありました。 それを飛ばして学校へと来ていましたが、 ある日派手に転倒してぶっ壊れたそうです。 それからと言うもの、しばらくAは早起きして、 歩きで登校していました。(この間相当愚痴ってました。) それからまた、幾日か経ったある日のこと...続きを読む

道を尋ねる男

433 創作 1/2 sage 2008/05/14(水) 07:16:00 ID:RiGMZrjL0 自宅から自転車で10分。徒歩で30分前後くらいの場所にある24時間スーパー ここの夜勤に勤め始めてもう4ヶ月が経った いつもは人通りもそれなりにある表通りを出勤路にしている でも、その日は遅刻気味だった 仕方なく普段は通らない裏道を使った 自分はこの裏道が嫌いだった 特に何か事件があったわけじゃ...続きを読む

M君の生活

902 1かたり ◆Ac.S.KQ6gg New! 2008/05/23(金) 03:45:25 ID:ZOtcgECe0 去年成人になり、先月は地元熊本に帰り成人式に行った。 成人式後の同窓会では懐かしい顔ぶれで、思わずはしゃいでしまった。 そんな中に、中学の頃は影が薄かったM君もいた。M君は髪をドレッドヘアに編んであり、同窓会のメンバーの中でも一番様変わりをしていた。だけど、M君は誰と話すでも...続きを読む

言葉の意味

954 本当にあった怖い名無し sage 2008/05/23(金) 22:03:50 ID:hYzAhLP+0 あれは去年の夏のことだった 冷房が壊れてしまい、僕は熱帯夜の中寝付けずにいた。 何度目かの寝返りをうったときのこと。寝返りをうった方向、 顔のすぐ目の前にどこか人のような顔をした犬か狐のような動物が 鎮座していたのだ。 僕は大層驚いて、「うわああああ」とか「ぎゃああああ」とか叫び声を ...続きを読む

火事の家

142 sage New! 2008/01/09(水) 13:56:45 ID:9M1FAq5v0 初投下です。ちょっと長いかも。 読みにくかったらすみません。。 わたしの実家は、東北地方のA県のとある片田舎。 毎年冬になると雪がどかどか積もる、いわゆる寒村部です。 そしてこの村には、わたしがずっと小さい頃から 村の人みんなから怖がられてきたある家があるんです。 わたしの家族も含め村の人は「火事の...続きを読む

352 本当にあった怖い名無し 2008/01/12(土) 19:17:14 ID:NhIb3wSPO 怖いというか凄いと思った話 中学生の頃、友達の一人に「自分には鬼が憑いている」という奴がいた。憑いていると言っても呪われてる訳ではなく、守護霊のように守ってくれているらしい。 弱い霊は近づかないし、強い霊も鬼が殺して食ってしまうのだとか。半信半疑で俺はその話を聞いてた。 そしてある日、犬鳴峠とい...続きを読む