そろそろ一年経つので、カキコ。 去年の夏、本当に怖い目にあった。 夜中に花火をしていたら、友人Aが「じつは近くに心霊スポットがあるんだぜ」 と言い出したから、肝試しをすることになった。 連れてかれたのは、都内にある林。 すぐそばに民家があって、なんか全然怖そうじゃないなと思ったのを覚えている。 Aが言うには、この先に防空壕があり、そこに出るのだという。 歩いて行くと、砂利道の先にそれらしきものが見...続きを読む

数字が示すモノ

414 本当にあった怖い名無し 2006/12/02(土) 18:07:00 ID:bXNWy5/f0 戦後間も無い頃に大阪で、浮浪児の損壊板井を雉の肉と称して売ってたオッサンが捕まった事があるらしい。 オッサンの言い訳によると、「自分は棄児の肉だと重々喧伝した。」との事で、仁肉を喰わされた被害者まで共犯扱い。 当時は浮浪児を「孤児」「棄児」「貧児」等と分類してたけど、そんな字とか正式名称を知って...続きを読む

触れてはいけないモノ

576 通りすがりの名無し sage 2006/12/13(水) 18:31:56 ID:pf1GsXTF0 そろそろ年末、旅行シーズンなので自分が体験した旅行での怖い話を一つ。 かなり長いので読みたくない人はスルーして下さい。 1/9 中学の時の修学旅行で京都へ行った。 夕食、風呂も終わって旅館で寝るまでの自由時間を楽しんでた時だった。 俺は右隣の部屋に良い連中がいるので遊びに行った。 俺達は定...続きを読む

階段で増えた

921 階段で増えた New! 2008/04/29(火) 01:40:23 ID:DT1+m0Qy0 10年近く昔の体験。 仲間内で肝試しの計画を立てた。 K県の峠にある、もともと精神病院だったらしい廃墟。 集まったのは俺を含む男4人女4人の計8人。 車を走らせる事約1時間、みんなワイワイはしゃいでたが その建物が見えた瞬間女性陣が完全に沈黙。 男の方も俺を含めてかなりビビってた。 それほどの、...続きを読む

旅路

268 本当にあった怖い名無し sage 2007/12/23(日) 11:49:24 ID:oTiwT/u30 夕暮れの山の中に、一台のバスがあった。 後ろには、遊園地なんかによくある回転式のゲート そのゲートの向こうに、中学時代からの友人Tと、彼の好きだった車が隣に並んでいた Tはしばらく渋い顔でこちらを見つめていたが、やがて踵を返し、車と一緒にゲートの前から去っていった この時Tが車に乗り込...続きを読む

ループ婆

621 本当にあった怖い名無し sage 2009/10/10(土) 00:42:22 ID:H2rlnrA30 静かに読書なんかしていて、フッと気配に気づいて何げに見上げると部屋の天井の角のとこに 忍者にようにこちら向きで見つめる老婆がいるんだ。Μ字開脚な感じで左右の壁に踏ん張って。 それもすぐにこちらに気づいてケタケタと嬉しそうに底意地の悪い下品な笑い声を上げる。 だから驚くよりも怒りが先立っ...続きを読む

ヤマ目

746 本当にあった怖い名無し sage 2009/10/11(日) 14:13:55 ID:6Jl7rMMY0 あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。 お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で車に乗り出発。 久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそうに私達を迎え入れた。 1泊して自分達の家に帰る日の夜、祖父は...続きを読む

現実逃避

646 現実逃避 sage 2009/09/10(木) 11:17:53 ID:8fa19Pv40 現実逃避って言葉があるよな。実は俺のかみさんがその極地にいたことがある。 名前も住所もわからん、こんなところだから言えるんだが、かみさんは長い間性暴力の被害者だった。 最初は実の親父。不憫に思った母親が祖父に預けたんだが。よりによってその祖父が…ってね。 かみさんは俺がボランティアで行った精神病院の...続きを読む

本当の殺意

850 本当の殺意1/2 2009/08/24(月) 08:57:13 ID:QXo38snC0 厨房の頃で、もう17年前です。 クラスにおかしい子(仮にA子としよう)がいて、虚言症というか嘘ばっかついてた。 「彼氏がねー、私のこと可愛がってくれてー。」 とかいつも話すんだけど、そいつ『ブス』で、彼氏が勿論いないのはみんな知ってた。 だから、誰にも相手にされず、友達も無し。そのくせ、友達でもない人...続きを読む

我が家系

785 本当にあった怖い名無し sage 2009/06/29(月) 00:55:38 ID:3zhgaNIMO 洒落にならないって程ではないかもしれませんが… 最近、母から聞いて心底ゾッとした話。 うちの父方の家系は、どういった訳か嫁が不幸になる家だそうです。 そして生まれる子どもは、何故かほとんどが男。 父から結婚後に家系図やら写真やら交えて色々教えてもらった母が言うには、 曾々祖母→夫に心身...続きを読む