売れ残り物件

自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。 少し状況を整理したいので前置きが長くなってしまいますがお許しください。 私は埼玉県の不動産屋で働いています。 取り扱っているのは売買の仲介であり、広告媒体等に掲載する為に物件を調査し、現地写真を撮影しに行くのも仕事の一環になっています。 とあるデベロッパーが新築分譲した全20棟の大きな現場があるのですが、この現場が今回体験...続きを読む

ウチの母から最近聞いた話。 当時、18とかそこらの母はちょっと距離のあるところで就職してた。 百貨店の接客と長時間通勤で精神と肉体の疲労は半端なく、常に肩こりが酷かったらしい。 熱い風呂とマッサージで誤魔化してたけど、流石に限界がきたらしく整体へ行くことに。 整体の先生が施術しながら、ここのコリが酷いとか片足に体重かけ過ぎだとかをお説教してきて、 すこしうんざりしてたんだけど、「枕が合ってない」っ...続きを読む

倦怠感の原因

新しいアパートに引っ越してから、男(Α)は体調が悪かった。・ さして仕事が忙しいわけでもなく、睡眠も十分にとってはいるが、朝起きると常に薄らと倦怠感がつきまとう。・ その旨を会社で話した時の周りの反応にΑは驚いた。・ 「え~…、あんなに大イビキかいて寝るお前が?」・ 多少の違いはあれど、皆口を揃えてこう言った。・ 会社といっても小さな営業所だ。・ 同僚や上司は10人に満たないが、それだけ気の置...続きを読む

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引き、3回連続で凶が出た こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った 「それ、どうしたの?」 見ると、娘がいつも抱いていた犬のぬいぐるみが無くなっていて、代わりに神社にあった小さな置物の狛犬を抱いている 娘に聞くと神社にいた時、宮司姿の男が現れていきなり娘の腕を掴み、何処かへ連れて行こうとしたらしい その時、抱いていたぬいぐるみが...続きを読む

煙人間

推敲できてるかどうかわからんけど書いてみますねw ————————————— 10年くらい前の話になります。当時私は大学4年生でした。 時期は確か10月の中旬ぐらいだったと記憶しています。 さわやかな秋晴れの日曜日でした。 前の晩から友人宅で徹...続きを読む

お守り

人を選ぶ話だけどよかったら聞いてくれ… 怖い出来事や心霊現象に遭遇した時って自分の好きな漫画本や小説をそばに置くと良いよと友達から聞いたんだが ガチだったんだな。 アパートで生活してるんだが、金縛りばかりにあう。 大学で特に友達付き合いにも不満はないしストレスなんて皆無なのに頻繁にそれは起こった。 そのせいで講義中もボーっとする事が多くなったし食欲も激減 寝るのが怖いくらいだった。 今日もまた金縛...続きを読む

報い

先日、私の母方の祖父が亡くなりました。 死因は病死です。表向きは。 しかし、私は祖父の本当の死因を知っています。 本当の死因は、出血多量による失血死なのです。 実は、祖父は亡くなる三年前から癌を患い、入院をしていました。 そして、入院して二年程経った先月のある晩、その日は私と母が泊り込みで祖父の所に看病とお世話に行っていたのですが。 その時、比較的若い女性の看護師さんが点滴をかえにやって来ました。...続きを読む

巨大ヒル

山スレか迷ったのですが、山の麓の家の話なのでこちらに投下します。 巨大な生物に遭遇したので、オカルト板の皆さんがご存知でしたら教えて頂きたいです。 大学の頃です。 夏休みを利用して、友人のC、Kと川が綺麗な事で有名な田舎へ遊びに行きました。 Cとは地元が同じであること、CK僕共に犬好きなことが共通点で仲良くなり、僕とKは実家で飼っている犬の写真を見せたりしていました。 Cも犬を飼っていましたが、去...続きを読む

赤ずくめの女

ちょっと長いけど俺が一昨年の冬に体験した話書いてく。 初めて“そいつ”にあったのは2年前の11月だった。 俺は幼い頃に母ちゃん亡くしてて、今は父親と2人で神奈川のとある小さい町の一軒家に住んでるんだ。 その日もいつも通り高校終わって最寄駅で降りて、いつも通りの道で家に向かってたんだ。 神奈川っつっても田舎だから細くて人通りのない道が多くて、夜になると我ながら結構不気味w 帰り道半ばの雑木林の脇道に...続きを読む

挟まる

父の話を一つ。長いと怒られたので分けます。 正直文章にすると位置関係とかややこしくて分かりにくい話なのですが、 すごく気持ち悪い話だったので。 小学低学年の頃、父はアパートに住んでたそう。 遊ぶの大好きな父は暗くなるまで遊び通していました。 その中でも割とよく遊んでいたA君の家は、父が住むアパートの隣の一軒家でした。 そんなA君の家にまつわるお話。 ある日父が夕方家に帰ろうとしていたときのこと。 ...続きを読む