化け猿

今から16年程前の小学四年生の頃の話なんだけど、当時は西日本のとある新興住宅街に住んでいた。 元々山地だったのを切り開いて住宅街にしてたので街から自転車で20分も走れば周りの山々に着くんだ。 だけど当時は山で遊ぶなんて事はせず、みんな公園とかで遊んでた。あの日以外は・・・ あの日はちょうど土曜日で授業も昼までだった 当時すごく仲の良いMって奴がいたんだけど、そいつがエアーガンを買ってもらったらしく...続きを読む

山神トンネル

わりぃ じゃぁ、書きます ちなみに、高校生の書く文なので読みづらいところや至らない点が多いと思いますがご了承を アレは今年の六月の初めかな? 友達三人 仮にI,S,Kとする Iと俺は元中で別の高校 Sは同じ高校の友達 KはIの後輩 まぁその辺はどうでもいいんだけど そいつらと神奈川の七沢にホタルをみにいったんだ で、結局行ったはいいんだけどホタルは見れず ズンダバってとこでラーメン食うだけになっち...続きを読む

初めての友達

さっきの初心者です 長文ごめん、初心者なので暖かく見守ってくれるとうれしいです。 私の家は、代々霊感強くてさ、知り合いっていうか、親戚にも霊媒師が 数人いるんだよ。この話は、私の母から聞いた話なんだ。 霊感が強い一族っていうか、私も母も結構あるんだ。 私の地域は田舎(コンビニ行くのに5つ地域を通る) なんだよ。そうすると、やっぱり子供の数も少ないんだ。 私は、昔、母には、見えない子供と遊んでたらし...続きを読む

足跡

本当にあった話。 俺は東北で土木関係の仕事してるんだけど、冬になると道路の除雪も委託されてる。 夜中から動かなくちゃならないんだけど、これが結構な額になるんだ。 んで去年の冬。夜中の3時ころから呼び出された。 俺は市内の北エリアを担当してたんだけど、その一帯には、地元でも有名な心霊スポットがあった。 山の中にある総合公園で、うっそうとして気味悪いところなんだ。 続く 483 本当にあった怖い名無し...続きを読む

来る

俺が小学生の頃の話。 霊感を持つ(自称)霊感少女の姉がいた、タンスの上で女の人が見てるとか何時も言っていた ある日姉と一緒に近くの池にザリガニ釣りをしに行った、ザリガニを釣りだして1時間程経った ころに姉が何時もの如く「幽霊がいる!」と言いだした俺は散々そっち系の話を姉から聞いていて 「なんだ、またかw」程度だったけどその日は何時もと違った姉の口は恐怖からかカチカチ音が鳴 って体もガタガタと震えて...続きを読む

夏休みの学校にて

「夏休みの学校にて」 これは私が小学生の時に実際に起きた話。 私の母親は小学校の教師をしていて、よ く姉と私〔弟〕を勤務先の学校に連れて いった。〔無論平時の時ではなく夏休み とか長期休暇の時だけである。〕 その理由は3つあって、一つは父親が自 宅で働いているため、ガキがいると集中 出来ないから。二つは母の有給があまり 残っていない為に、夏休みでも母は学校 にいかなくてはならなかったから。そし て...続きを読む

阪神ファンのおっさん

小学校の頃、クラスの奴らと野球で遊んだ後に日課となっていた壁当ての投球をしていた時の話。 当時俺はプロ野球が好きだったため、村田兆治のマサカリ投法や山内泰幸のUFO投法など色々真似しつつ熱心に投球。 ある日、人から聞いた話とチラッと見たうろ覚えな映像の記憶を頼りに阪神の村山実のフォームで投球をしていた。 数十球くらい投げたところで阪神の帽子を被ったおっさんがネット裏からこちらをじーっと見ているのに...続きを読む

寅子石

昔、その地に寅子という大変器量の良い娘がいた。その娘は長者の老夫婦の娘で、老夫婦も歳が行ってから出来た一人娘で随分と可愛がっていたらしい。 さてその寅子、近隣の男だけではなく、離れた地の豪族までもが結婚を申し込むほどの娘で、その娘に惚れた男どもは皆仕事も放り出して一日中寅子のいる屋敷の周りをうろついたり、寅子を想って夜まで物思いに耽るなど村自体の生活にまで影響が出始めた。 老夫婦のほうも、一日中押...続きを読む

あの日のまま

たいして怖くない話ですが実話です 短いですが聞いてもらえたら幸いです   実家が東北の沿岸なのでそこの話しおば とある葬儀屋で働いていたAさんは人手が足りないとのことで隣町に行っていた 手伝いも終わり出張から帰るため夕方海岸沿いの国道を車で走っていた 周りも暗くなり津波の影響で更地になったこの場所では明かりもほとんどなかった 建物が多くあったであろう市街地だった場所に来て 道端に人が立っているのが...続きを読む

ルート

怖くは無いが、不思議な体験をしたので書く。 去年、友人2人(ここではAとBって事にしとく)と自分の3人で長野県に旅行に行ったんだが、その時に起こった話。 友人Aがその県に知人が居るとのことだったので、その人の家に3日泊めていただいた。 その人の家がある場所は、民家はあるが近くにはコンビニ一軒、自販機すら見当たらないような、まさに「田舎」という場所だった。 その人の家の近くには、小高い丘の上に立つ温...続きを読む