ついてくる犬

もう20年以上前になりますか。 俺が高校生の頃の話ですが。 自転車で1時間ほど離れた里山に写真撮影に出かけたんです。当時一眼レフを買ってもらったばかりでした。 おにぎりを二つ、おかずにソーセージを持って。 山に至る道の両側には畑が広がってまして、作業してるじいちゃんばあちゃんがちらほら。 「あれ?」 前方に犬がいるんです。鎖を引きずったままトテトテ歩いてる。 口笛を吹くと止まってこっちを見てる。 ...続きを読む

鳥居の写真

相談があります 私の話ではない上に本人に許可を取ってないので多少フェイク入れてます 先日友人から「旅行に行ったら心霊写真のような物が撮れた」と一枚の写真が添付されたメールが届きました それは某神社の写真なんですが、真ん中に鳥居がありその鳥居の中央に被るように紫の光 そして写真の端にはご丁寧に赤い色で矢印が書いてあり、その先の鳥居の横に獣のような物が写っていました 512 本当にあった怖い名無し s...続きを読む

耳鳴りと声

少し前に変なことが起きたんでちょっと書きます まず発端は居間に居るとき耳鳴りがしたんですけど、それに重なるように一つ一つ続けて 「ふーーーーーーーーーーーん」「ふーーーーーーーーーーーん」 って声みたいなのが聞こえるんですね 耳鳴りと同じように頭の内から発せられるような感じなんですが 言ってしまえば蚊の音のようなモノなんです 僕はそういうのが聞こえるとすぐ頭を振ってしまうんで、それがまだ続けざまに...続きを読む

見知らぬ靴

帰宅したら玄関に見知らぬ靴があった。 俺、ひとり暮らしだし、合鍵はない。 人を部屋に呼んだことすらないんだ。 やべ、空き巣か?と思って心臓バクバクした。 俺のサンダルとダンロップが脱ぎ散らかしてある中で、 その靴だけ几帳面に揃えて置かれている。 女物のビジネスシューズ。 シューズキーパーが入っているのに気づいて血の気が失せた。 全身の筋肉がプルプルしてしまったので、 ぎこちなくゆっくり一歩下がり、...続きを読む

3階のドア

三階のドア(全③) ① 俺が小学生だった頃、三階の長い廊下の最後にどこにも通じていないドアがあって、それを開けると 外なんだけど、よく小学一年が鬼ごっことかしてて、夢中になってて間違ってこのドアを開けて しまって落下する事故があった。三階から落ちた生徒はみんな即死だった。大体一年間で十人 くらいがこの事故で亡くなってて、さすがに学校側もヤバイと思ったらしく、 281 サスケ ◆kfp0TbU5UU...続きを読む

見て見ぬ振り

ある会社に同期入社のAとKがいた。 二人はお互い切磋琢磨し、重要な仕事を任されるまでになった。 しかしある時から些細なことでKが会社内でいじめられるようになった。 最初のうちはAはKを励ましていたが、 部署全体がKをハブるようになってくるとAも次第にKのことを見て見ぬ振りするようになった。 そして次第にKは会社に来なくなり、 ついに皆、Kという社員がいたことなどすっかり忘れてしまった… 5年後、A...続きを読む

ひそひそ声

自転車で走っていた時、ヒソヒソ声が耳に入ってきた 振り返ったら大きめのゴミ収集ボックスがあったから 物陰に誰かいたのかなと思ってやり過ごした でも、5秒くらいしたらまたヒソヒソ声が聞こえてきた 左耳の後ろ至近距離。ありえない走ってるのに ドラゴンボールの歌で景気つけて立ちこぎしたら、チェーンが外れたのか転倒した 路上で身悶えている間も耳から声が離れない。同じ位置で同じ調子 (未然連用終止連体仮定命...続きを読む

化け猿

今から16年程前の小学四年生の頃の話なんだけど、当時は西日本のとある新興住宅街に住んでいた。 元々山地だったのを切り開いて住宅街にしてたので街から自転車で20分も走れば周りの山々に着くんだ。 だけど当時は山で遊ぶなんて事はせず、みんな公園とかで遊んでた。あの日以外は・・・ あの日はちょうど土曜日で授業も昼までだった 当時すごく仲の良いMって奴がいたんだけど、そいつがエアーガンを買ってもらったらしく...続きを読む

カラコロシ

中学の時の地元での話。 うちの地元の神社では変な神が祀られていた。神の名前はメジャーじゃない、聞いたことのないもの。 『カラコロシ』。何でも地元にだけヒッソリと伝わってきた伝説のため、外部の人間は知らないし知る由もないらしい。 このカラコロシ、伝説と悪い噂があるのだがこれがまた面倒くさい。伝説は鎌倉時代にまで遡る。 当時、村にとても忌み嫌われてる若者がいた。若者は嘘とも本当ともとれない自慢話を毎日...続きを読む

事故状況

やっと書き込める 怖い話なのか、びっくりした話なのか、奇妙な話なのか、痛い話なのか… どれともつかないけど書かせてください。 ちょうど三か月前の七夕の日 その日は日曜で、友人と遊んでチャリで帰る途中だった。 信号が青になり、渡ろうと漕ぎ出したところで左折してきた車に轢かれた。 といっても、初めはチャリの前輪がぶつかってバランス崩してコケただけだったんだけど、 何を思ったかその運転手はバックしてきて...続きを読む