ストーカー・きちがいの話
一口だけ、一口だけ

この怖い話は約 2 分で読めます。

120 本当にあった怖い名無し 2008/01/08(火) 22:03:38 ID:ibxWMOuj0
僕は横浜の公園で出会ったホモに殺されそうになったことがあるんだよw。

公園で話しかけられて、人当たりが良さそうなんで、話してたら終電も終わり。
そいつの知人所有とかいうマンションに連れ込まれて、そこでインスタント・コーヒー
出してくれたんだけど、何故か作るところを見せないよう不自然な行動をしてたんだよ。
そいつ、医者らしいんだけど、好きな手術の話とか自分を精神異常と診断した心理学者の
悪口とか喋り続けてたから、何かヤバイと思って絶対に飲まないようにしてたんだ。
でも、妙にしつこく薦めてくる。「一口だけ、一口だけでも」って・・・・。
かなりヤバそうなんで、「いや、苦いの嫌いなんで」って断っても、ずっとコーヒーの話を
続ける。
んで「寝られなくなるから」と言うと、そいつ睡眠薬をくれると言い出した。
「睡眠薬って効くのか?」って訊いたら、そいつどうしたと思う?
今さっきコーヒー作ってたところから睡眠薬の錠剤を出してきやがったw。
「お前・・・・さっき、もっただろ!」
心の中で叫びつつも何も言わずに振りほどくようにして逃げ出した。
タクシーを拾って車中で気を失って眠り込んでしまったのは、断りきれずに一口だけ飲んだ
コーヒーの所為だと思うが、もし飲み終えてたら今頃僕は生きてなかっただろう。

そいつ、患者の皮膚を切るのが快感で溜まらないって言ってたからな・・・。
ちなみにその部屋には、叔父の所有だというスキー場のポスターがあった。
悪戯した後はそこに遺体を捨ててるのかもね。
知らない男について行くのはヤバイ。 とくに整形外科の医者。 ご用心!

この怖い話にコメントする

「一口だけ、一口だけ」と関連する話(ストーカー・きちがいの話)

一口だけ、一口だけ
関連ワード
関連ページ
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています