足音

673 №1 sage New! 2007/12/07(金) 02:01:07 ID:8kQTZLIm0 私自身が体験した話をします。以前、他のスレにも書いた実話です。 私の実家は、いわゆる「出る」家です。但し、現在は出ません。 風呂場から足だけニョッキリ出ていたり、夜に勉強机に向かっていると、自分の後ろに 「やたら背の高い人」が立ってたり。あと、私の姉が夜中に、ザンバラ髪の女性の首だ け浮いてい...続きを読む

鬼の面

528 本当にあった怖い名無し sage 2009/10/08(木) 12:18:55 ID:U9y69Xe5O 母方の祖母の家の玄関に、鬼(なのかな?)のお面が飾ってあるんだけど、小さい頃から怖いなーと思って見てた。 真っ赤で魔除けのお面て感じがして、恐ろしいの一言に尽きる。 で、そのお面は天井と壁の間ギリギリのところに掛けてあった。 天井と壁の間から顔を出す感じで。 最近ふと見たら、天井から一...続きを読む

912 本当にあった怖い名無し sage 2009/04/05(日) 12:14:59 ID:hVNKuwnAO ついでに書き込みますが、鏡ってのは魔除けになるそうですね ある人のお家には鏡が合計20個ありました 鏡の中には等身大の物から手鏡のものまであったそうです。 ある日、鏡を見て不気味に思った孫娘さんが鏡を壊してしまったらしいです。 その日からです。 孫娘さんが鏡を見て虚ろな目をしています。...続きを読む

海からやってくるモノ

普段付き合いのいい同僚が、何故か海へ行くのだけは頑として断る。 訳を聞いたのだが余り話したくない様子なので、飲ませて無理やり聞き出した。 ここからは彼の語り。ただし、酔って取り留めのない話だったので、俺が整理してる。 まだ学生だった頃、友人と旅に出た。たしか後期試験の後だったから、真冬だな。 旅とは言っても、友人の愛犬と一緒にバンに乗って当てもなく走っていくだけの気楽なもんだ。 何日目だったか、あ...続きを読む

キャッシャ

俺の実家の小さな村では,女が死んだとき,お葬式の晩は村の男を10人集め, 酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある. ろうそくには決まった形があり,仏像を崩した?ような 形をその年の番に抜擢された男のうち最も若い者が彫る. また,家の水場や窓には様々な魔除けの品を飾り,それらが外れないよう見張る. また,番人以外はその夜,たとえ家人であっても家の中に入ってはいけない. ...続きを読む

シンジラ様

290 本当にあった怖い名無し 2011/11/04(金) 03:41:10.34 ID:SsNWtWod0 結構前の話 夏休みに婆ちゃんちに遊びにいって 従兄弟と従兄弟の友達と遊んでた時の話 うちの婆ちゃんちの近くの山には「シンジラ様」っていう神様がいるらしく 月に一回シンジラ様にお供え物をしないといけないらしい まず玄関の前にその家の家主の名前を紙に書いて その紙の上に食べ物をおいておく する...続きを読む

盗まれた銅鏡

私の母方の一族にまつわる話です。私の幼少期の記憶と後に聞いた話を纏めてあるので 推測が入りますが気にしないで下さい。 私の母方の家系はA県のM神社の宮司家の分家筋に当たる家系。 分家したのは何百年も前で、分家したばかりの頃は湿地帯の干拓をやって土地を増やしていた。 おかげで、母方の一族は大地主だった。農地解放で資産の大部分を失ったとはいえ先祖伝来の お宝や資産が多くある。宝は景徳鎮やら屏風、書画、...続きを読む

婆さんを捜して

あれは俺が中学生の頃だったからもう15年も前の話だ。 今夜はまた田舎での恐怖体験の話をしようと思う。 俺の田舎には山がある。平野の真ん中にポツンと出来た山だ。 大きさはまぁまぁで、そこは昔から様々な怪奇現象が起こる事 で地元では有名なスポットだった。山頂には戦国時代の城跡や 墓地があり、昼間は観光客等も来るが夜は誰も近づかない。 俺が中学に上がった頃、例のご意見番の婆さんが倒れ、山の麓 の病院に入...続きを読む

魔除けシーサー

913 本当にあった怖い名無し New! 2011/10/10(月) 01:04:29.98 ID:IFYUhmzWO マジな話なんだが、俺は何度か死神を見たことがある。 しかも俺が今住んでいる家の近くでだけ。 住んで五年になるが今まで住んでいたところではそんなことなかった。ちなみに世田谷。 最近は、俺の部屋の真下の部屋の前にボーッと突っ立っていて、ああ、まだ若いのに、あの人亡くなるんだ…って思...続きを読む

牢獄の夢

332 本当にあった怖い名無し New! 2011/08/23(火) 01:07:54.18 ID:A28/0vXe0 夢の話なんだけども 大学生のときに、変な夢を見た。 鉄格子の薄暗い牢獄のような所に閉じ込められていた。 十畳ほどの部屋に、男女併せて二十人くらいの日本人がひしめきあってた。 みんな同じ無地の白Tシャツに黒い短パン姿で、さながら本当の囚人のような気持ちがした。 夢だという自覚は持っ...続きを読む