にやけるおじい

俺が中三の冬の話。  塾に残って勉強してたら11時くらいなって、塾長もまだ居たのか、早く帰れっていうので帰ることにしたんだよ。 で、制服だったから補導されないかドキドキして帰ったんだけど・・ 帰り道の電柱の下のほうになんか影があるんだよ。 それで、うわ通りたくねぇ、とか思ったけど、高校入試ひかえて補導も怖いからそのまま歩いていったんだ。 したらその影は人だったって分かった。60以上かな、ほぼ白髪の...続きを読む

五反田のアパートで

五反田のアパートに同棲してた頃 そのアパートに住んで、すぐに俺は髪の長い女の姿を見た 彼女は、とても怖がりだし引っ越して来たばかりで金もないから 黙ってた ある日、彼女が夜中に目が覚めてトイレに行った時 ・・・トイレは玄関の隣にあるんだけど・・・ 小便だけだから電気も付けずトイレに駆け込んだ 玄関には髪の長い女の人が立っていた。。。。 別の日には・・・・ 787 本当にあった怖い名無し New! ...続きを読む

いわくつきの冷蔵庫

これは2010年に事情により閉鎖した、ある怪奇ブログでの取材による証言記録の一部である。 ブログ主の遺言に従い、このスレに投稿する。親友の死を悼み心から冥福を祈る。 取材日2010年9月5日 「情報提供者の証言」 俺の友達に廃品回収の仕事をしてた奴がいるんだが、たまにいわくつきのヤバイ物が 来たりするらしい。その中でも一番ヤバかったのが… ある観音開きの大きな冷蔵庫だったそうだ。 ある時若い夫婦か...続きを読む

廃寺の暗闇

昔、近所のおばちゃんから聞いた話。 夏になると色々な怪談を聞かせてくれる事で有名な人で近所の人からは「怪談おばさん」とか 「伝説ババア」とか呼ばれてました。 廃寺の暗闇 昔、ある一人の小学生の男の子(A君)が、釣り仲間を引き連れて近所の山 に登った。 「山奥に見た事も無い大きな池が真夜中に突然に現れる」という噂を聞いて「そんな に大きな池なら魚がいっぱい釣れるかも知れない」と思ったそうで、学校中の...続きを読む

島の祠

実体験。フェイクいっぱい。脚色あり。 とっても長い話だし、文章も下手だから興味ない人は読まないで下さい。 もう10年近く前の話。 私は友達と3人でキャンプに行ったんだ。 砂浜でつながった無人島。 私の地元で、中学の時はよくそこで遊んだ。 夏場は家族連れも普通にキャンプするような島。 私は女、AとBは男、中学の時の同級生。 3人とも19歳だった。 592 591 sage New! 2012/09/...続きを読む

キャンプ場の小屋

数年前の実話な まだ大学生だった頃友人4名で奥多摩にキャンプに行ったんだ。 きちんと管理されてる様な所は嫌だったので車で行ける所まで行ってそこから 徒歩で山に分け入ってテント張れそうな所見つけようぜって事になった。 とはいえ俺らもあまりアウトドア経験も無いので山に入って20分くらい 歩いた所にやや拓けた平地があったので、ここにしようって決めたんだ。 そこは大体20m四方くらいの平地でもともと農作地...続きを読む

話し声

一昨日実体験をした。洒落恐と言うほどか知らんが他に書くとこも知らんので書かせて欲しい。 翌日は休みと言うことで電気を消してゲームで夜更かしをしていた。 時間は三時前後だったと思うが、突然人の声がボソボソと聞こえてきた。 声はどうやら外から聞こえてくるらしい、超ド田舎で近所とは顔見知りだが、家の敷地に深夜に入り込み独り言を呟くような逝ってる人間はいない。 となると泥棒かとその時の自分は考え、自衛のた...続きを読む

不幸な事

初めて書き込みします。 下手な文章、ご容赦下さい。 祖父の体験談です。 祖父は青森県の某漁港でイカ釣り漁をしています。その日も夜から沖に出てイカ釣り用の照明を点灯させました。真夜中です。 照明の光に誘われて集まってくるイカを、等間隔に釣り針の付いた糸を何本も垂らして一気に釣り上げるのです。 糸を巻き上げるリールが勢いよく回り、船上に沢山のイカが上がってきます。 順調に回り続けるリールの中で一つだけ...続きを読む

行動が不明

8月に自分が体験した話です。 不慣れな文章ですが読んでいただければ。 平日の午前、自分は仕事が休み、家族は外出してたので家に一人でした。 本を読んで暇つぶししてたら、もう11時になってました。 昼飯食うまで目を休めるかと、ベッドの上でうつ伏せになって目を閉じた時です。 うつ伏せになってから、5秒も経ってないと思います。 ギシッという音がして、右足脇の布団が沈む感覚がしました。 またギシッと音が鳴り...続きを読む

二股

じゃあ自分が体験した話でも。 中学2年の時、夜中に眠っていたら金縛りにあって目が覚めた。 その頃はよく金縛りにあっていたんで、「またか」程度だったんだけど・・・。 一向に解けず、流石に焦ってきたとき、目を開けてみたら女の生首が目の前に浮かんでた。 それだけならまだしも、首を物凄い力でしめてくる。 頭しかないのに・・・。 絞め殺される!!という恐怖と乱れた髪で笑っている女が怖くてたまらず、 とうとう...続きを読む