コンコン

その日の夕方にあるお通夜に必要なものをそろえに倉庫へ行った時のことでした。そのフロアは昼間でも薄暗く、霊安室もあるので職員皆苦手でした。 その日も霊安室には故人様がいらっしゃいました。 その方の湯灌がまだでしたので倉庫には空っぽの棺桶がおかれていました。 ちょうど出勤する前にこのスレのまとめサイトを見ていた自分は妙に神経が立っていてテンションが異常だったことを覚えています。 そこで何を思ったか普段...続きを読む

廃病院探索

もう十年前になるのかな? その頃、自分は廃墟マニアで仲間と一緒にいろいろな廃墟に潜入しては写真を撮っていた その年の六月、友人のUが『病院の廃墟に行こうぜ』と言い出した 行き先を聞けば『○心病院』という所で、もともと○尾銅山などの人は知っているけど行かないようなところが趣味の自分は 『なぜ病院の廃墟?』と思ったけれど、気にしないで着いていくことにした ○心病院に着いたのは夕方で、そのため外壁が見え...続きを読む

あだ名

9 本当にあった怖い名無し 2006/10/14(土) 22:36:11 ID:VjQAqQ8R0 某観光バス会社の話 ここの本社ビルは廃病院を買い取って、そのまんま本社として使ってたんです。 地下には元の霊安室があって、その扉のノブには針金が巻いてあって、入れない様になってます。 そして、問題の仮眠室は、霊安室の真上。 この話は、知人のドライバーさんの経験談です。 その日、彼は、かねてから色々と...続きを読む

乱心

807 本当にあった怖い名無し New! 2007/09/29(土) 00:15:15 ID:ICkkyn7RO 10月に職場復帰するはずだったケイさんが、今日付けで退職した。朝のミーティングでそれを言われたとき何故か俺は号泣してしまって、今日一日最高に恥さらしだった。 帰ってくるって言ったくせに、あのメガネめ。そんな憎しみに近い悲しみを抱きつつ、 今日はケイさんが休職…というか退職する羽目になっ...続きを読む

やすらぎの間

571 本当にあった怖い名無し sage New! 2011/08/08(月) 00:53:02.94 ID:gHVo+UUu0 初投稿です。 2011/07/31に背中の中心辺りがジクジクと痛み出して、08/05に病院に行ったんですよ。 もっと早く行けって思われるかも知れませんが、色々忙しいのと面倒なのと我慢できる痛みだったんで。 まあ、自分の病状は本文とはあまり関係ないんで。 で、金曜日の朝に...続きを読む

死ぬとどうなるか

人は死んだらどうなるか?について私の体験に基づく話。 数年前まで訳あって祖父と、小型犬と三人暮らしくらしをしていた。 江戸っ子の祖父とは毎日喧嘩ばかりしていた。 小型犬は祖母が亡くなってから気落ちしてしまった祖父のために飼った。 小型犬が来てから祖父は溺愛し、かなり甘やかしていた。 でも微笑ましかった。 70を超えるのに腕立て伏せをしたり、ゴルフや麻雀が大好きだった。 腕立て伏せをしているのを見た...続きを読む

裁き

自分の思想信条が、自分が観た夢によって覆る、そんなことが有り得るだろうか 私はかねてからの死刑賛成論者だ。 人を殺した罪は自分の命を差し出すことでしか償えないと考えていた。 子供の頃、自分の親を殺そうと日々妄想していた時も、それは同じだった。 親を殺した後、私はどうなるか、私はどうするか、私は何度もシミュレートしていた。 きっと私は手を差し伸べてくれる人権派の弁護士たちの誘惑を断るだろう。 そして...続きを読む

本当に怖いところ

20年以上前の実話を投下する。 某市の駅前で交通事故にあい、骨折した。 救急車で私立病院に運ばれ入院して手術した。 幸運なことに内臓疾患が過程で見つかり、治療できた。 骨折が直ったあとも長期入院になったので、現住所から某市へ転入し院内学級に通った。 昼間は点滴しながら院内学級で勉強だ。 季節は夏。小児科にはたくさんの小中学生が入院している。 怪談程度じゃすぐ飽きる。 当然肝試しなんてものを開催する...続きを読む

山小屋

306 山男な親父から聞いた話1/2 sage 2007/12/24(月) 07:51:18 ID:IX/XnKpb0 俺がまだ親父の玉袋の中で三億人の兄弟と暮らしてた頃、親父は山仲間2人と秋山登山を楽しんでいた。 連休で天気も良好、のんびりと『山男の歌』とか歌いながら順調に登ったらしい。 だけど、昼も過ぎたあたりから急にガスってきた。そのまま『乙女心と山の空』というようにあっという間に 雨が降っ...続きを読む

途切れた会話

501 本当にあった怖い名無し sage 2009/02/19(木) 15:21:28 ID:BqUXzaGd0 学生の頃の話なんだけど 心霊スポットが好きでよく友人と出かけていた その日は、山の方にある田舎の廃病院に出かけてた 日も落ちた19時頃にその場所に着いて、いざ突入というところ 大体こういう場所は噂が立つだけで、いわくつきでも何でもないことが多い 何か出てくるかも?というドキドキ感がたま...続きを読む