監視カメラ 障害報告

意味がわかる話のなかでも、かなり難解なんだけど。 監視カメラ 障害報告 ■サイクル設定不良 >本倉庫は平日午前中の入出荷時以外誰も立ち入らない。 >入口は1か所しかなく、窓等、他に倉庫に入る方法がない。 >倉庫への入室を人感センサーで検知、検知後一定期間の録画を行っている。 →つまり土日祝日は録画データがない。 >毎日4:00に過去24時間分の録画データ有無の確認を行うバッチを自動実行する。 >デ...続きを読む

立候補者不在

祖父から聞いた町長の話 数年前に、俺の住んでいる町の町長が「年齢的にもうキツい」って言って任期を満了して辞めた。辞めた町長は、まだファミコンが発売されてないような時代からずっと町長をやってた超長期政権だった。 小さい町とはいえ、なんで1人の人間がそんなに長期に渡って政権を維持出来るかというと、任期満了で町長選挙しようぜ!ってなっても、毎回毎回他の対立候補者が出てこないから。 どうして候補者がいない...続きを読む

自殺した父親の葬儀の後、不思議な事がたて続けに起こった 見ず知らずの女性が尋ねて来て「あなたの死ぬ時を知っている」と言う またある日、通りすがりの子供に「お前の死ぬ場所を知っている」と言われた 俺は気味が悪くなって知り合いの卜師に相談すると卜師は言った 「あなたがなぜ死ななければならないか、その答えを知りたいか?」 俺は怖かったが思い切ってその答えを知りたいと告げると卜師は言った 「あなたは死んで...続きを読む

浴室

少し長いけど聞いてくれ。 俺がまだ小学生だったころ、近所には少々不出来というか、今にして思えば軽度の発達障害を持っていたのであろう一つ下のお子さんがおってね、親同士の仲が良いのでよく俺の家で遊んでいたんだ。 その子は口数が少なく、俺の言動に妙にちぐはぐな反応をする。泣くところや大笑いするところは見たことがなかったな。 そして何度となくその子が家に出入りしていく内に気付いたんだけど、遊びに来るたびに...続きを読む

本性

うーん・・・ここで良いんですかね~? もう大分前だし怖い話とはちょっと違うのかもしれないけど 学生時代、喫茶店でバイトしてた。 まだ若い店長さん(30歳位?)だったけど優しいし仕事は楽だしお給料も悪くない。 良いバイト見つかったな~なんて思いながら半年位働いてた。 お店には店長の友人が時々遊びに来た。(以下Aさんと呼ぶね) 店長と同い年で、礼儀正しくて優しくて寡黙で、全盛期の堂本光一をちょっと切な...続きを読む

ママ友

むしろ実話でないと信じたい。 妊娠した妻が定期健診のため、とある産婦人科に通って数ヶ月のことだった。 ホスピタリティを重視してのことか、 マタニティ専用の部屋というか、共有ルームみたいなものを設置していた。 総合病院だったため、設備に余裕があったからだと思う。 妻はそこで妊娠を控えた女性と共に、いろんな話を共有するのが日課になっていた。 いわゆるママ友みたいなものなんだろう。 俺も食事のときに、そ...続きを読む

禁足地

まとめるの下手で長い&読みにくかったらすみません。 自分的には凄い怖かったんだけど… 初めて旦那の家に行ったのが11年前、私が18歳の時。 当時旦那は父親と大喧嘩の末半絶縁状態で、実家から離れた祖母の家にずっと住んでて、私も彼の家に行く時は祖母の家に遊びにいってたのね。 付き合って1年くらいしたころ、ようやく旦那と父親が和解したとかで、旦那も実家に戻り、そのタイミングでようやく家に招いてくれた。 ...続きを読む

夢のファミコン

「トイレの花子さん2」(編著・花子さん研究会) KKベストセラーズ 1994年1月5日・初版 発行 172頁~177頁 『恐怖のファミコンソフト』 子どもの頃に、三○さんは己の体験した事を投稿しました。 大人たちに『恐怖のファミコンソフト』と題され、本に収録されました。 まずは、当時のゲーム事情をご説明します。 ファミコンにはディスク・システムという周辺機器がありました。 ディスクと申しましても、...続きを読む

天然の現人神

流れを読まずに投下します。はじめて書き込みます。 私は神社の家系に生まれ霊能力者を生業としている者です。 三年前に訪れたお客様の話ですが、今でもどうしても考えてしまって胸が苦しくなる想いなので、もう時効かと思いますので吐き出させて下さい。  私の開く鑑定事務所に、ある日顔色の悪い男性のかたが訪ねてこられました。 聞くと男性のかたは会社の経営をしており、地元の名士として名高かったそうですが、 急激に...続きを読む

笑顔の霊

母の話。 母が父のいる田舎に嫁いできたとき、母は「都会もん」(と言っても県庁所在地という程度で大した違いはない)と言われ、よく姑にいじめられたらしい。 いや姑に限らず、田舎者ってのは一部地域を覗いて大抵は余所者を嫌うもので、嫁いだ筈の母も例に漏れずいつまで経っても余所者扱いしかしてもらえなかったそうだ。 田舎のいじめってのは土俗的な因習・風習も絡むから壮絶なんだが、まぁそれはまた別の話。 で、母が...続きを読む