老婆
1 / 12page
鬼伝説の山
俺が中学生のときだった。 いじめられっこだった俺は、夏休みになると祖母の住む田舎に帰省していた。 山に囲まれたA野という地区で、もともと俺の家族も暮らしていた。
電車通勤中の話です。 私はJRのとある路線に乗って通勤しています。 不動産関係の仕事ゆえ、出社時間が少しだけ遅くて満員を避けられることが救いでしたが、 毎朝同じ
実行
今から15年前以上前の俺の話をしようか。 某多摩地域の大学に通ってたんだけど、地方から出てきて、知り合いもいなくて、 不本意ながら合格した大学だったから、数か月
匍匐前進ババア
ちょっと思い出した話を書いていいでしょうか・・・。 おい、ほふく前進ババアって見たことあるか? 部活後に先輩が唐突に聞いてきた。 その言葉の響きに、みな思わず爆
13体の人骨と1体の老婆
757 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/01/21(日) 01:59 むかし小学生の頃保健の先生に聞いた話だけど岐阜の民家であったゾ
看護婦寮
87 名前:七誌さん 投稿日:2001/02/11(日) 15:36 これはまだ私が日本に居た時の話なんで10年くらい前です。 もうすでにその寮は取り壊されてい
同情
ガイシュツだったらスイマセン。友達にきいた話です。 人気の無い夕暮れの公園に一人でいると、ボロボロの真っ赤なドレスを着た おばあさん(高木という苗字らしい)がや
輪廻
寒さで凍える夜・・・ 午前零時過ぎ・・・ 新宿歌舞伎町のスタンドバー。 私は仲の良いH刑事に、 「何かいいネタはないか」 と取材中だった。 当時、監修を任されて
怨念憑依
この話の本編を公開する前にお話しなければならない事が御座います。 と言いますのも、この話、過去に二度しか語ったことが無いのです。 その理由はつまりこうです。 一
聖域
840 名前:長文スマソ 投稿日:02/02/18 07:04 よそからのコピペ。私は怖いというよりぞっとした。誰も入ることの出来ない 聖(?)域が今だ日本に残