逆テケテケ

投下します。 もう十年くらい前になるんだけど、僕が住んでる市の小学校で「逆てけてけ」というローカル都市伝説が流行ったことがあります。 それは、みんなが知ってるテケテケとは全く逆の性質で、市内のどこかの踏み切りに夜中雨の降ってる時にだけ現れ、遭遇すると何かがある。というものでした。 当時その市内の小学校で非常勤教諭をしてた僕は、担当していた子供達からその話を聞きました。 ずいぶん変わった怪談話もあっ...続きを読む

ウチの母から最近聞いた話。 当時、18とかそこらの母はちょっと距離のあるところで就職してた。 百貨店の接客と長時間通勤で精神と肉体の疲労は半端なく、常に肩こりが酷かったらしい。 熱い風呂とマッサージで誤魔化してたけど、流石に限界がきたらしく整体へ行くことに。 整体の先生が施術しながら、ここのコリが酷いとか片足に体重かけ過ぎだとかをお説教してきて、 すこしうんざりしてたんだけど、「枕が合ってない」っ...続きを読む

嫌な感じ

小学校の頃の話 今でいう林間学校みたいな自然体験教室を2泊3日で行った 宿泊場所はどこかのキャンプ場で テントを貼ったりする体力のない年頃だったからバンガローを使うことになっていた でもそれが事の始まりだったのかもしれない 夕方から鬱蒼としていた林はどんどん暗くなり キャンプファイヤーをする7時には夏なのにもう真っ暗になっていた 輪になってフォークダンスをしたり色々出し物をして盛り上がっていたのだ...続きを読む

看護婦寮

87 名前:七誌さん 投稿日:2001/02/11(日) 15:36 これはまだ私が日本に居た時の話なんで10年くらい前です。 もうすでにその寮は取り壊されているし、 かなりの年月も経っているので文章にしてみました。 いまだに当時の細部まではっきりと覚えています。 私の人生の中でこのような体験はこの1回のみです。 もう経験したくはありません。当時23歳。 当時、私はフリーターでお金がなくなるまで遊...続きを読む

怪談テープ

182 名前:マターリ軌道修正しましょ 投稿日:2001/03/06(火) 23:28 稲川淳二が怪談話を始めて、人気が出だした頃の事。 当時のバイト先の仲の良かった早番の女の子が、 「怖い話好きだよね。コレ知ってる?」 と、カセットテープを差し出した。 「稲川淳二のやつだよ。ファミレスに売ってたんだ。 彼氏と車で河原に行って、真っ暗にして聞いたんだけどスゴかったよ。」 何がすごかったのやら&#8...続きを読む

田中河内介の最期

380 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/03/27(火) 18:24 田中河内介の最期  大正時代の始め頃、東京の京橋に「画博堂」という書画屋があって、そこの3階には同好の志が集まって持ち寄った怪談話をかわるがわる話し合うということがよく行われていた。  ある日、その画博堂に見なれない男がやってきて、自分にも話をさせてくれと言う。どんな話かと聞くと、田中河内介の話だとい...続きを読む

スタジオ

503 名前:スタジオ 1 投稿日:2001/04/23(月) 00:54 5~6年前の初夏の頃の事です。駆け出しのアレンジャーがいました。仮に名前を Aとします。Aはその日、都内の某スタジオでレコーディングをしていました。 そのスタジオは1階がロビー、受付、守衛室、駐車場。2階はA~Cスタジオという風に 3つのブースに分かれていてその日は2階のBスタでの作業となっていました。 アーティストとその...続きを読む

社員旅行の怖い話

433 社員旅行の怖い話1 ◆WatDT1.QjM sage New! 2006/11/14(火) 23:27:32 ID:MQDditEn0 【親戚の怖い話】に続いて、今日はもうひとつ書かせてください。 これから書くお話は、伝聞です(事実として聞きましたが不明です)。 このお話をしてくれた方は、仮にG氏とします。 社員慰安旅行の最中、G氏のかつての友人T氏が語ってくれたという、生々しい体験です。...続きを読む

夜釣りを止めた理由

682 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/11/28(火) 15:04:58 ID:kGYawC5F0 ありがちな怪談話なんだけど、父の友人の話してくれた経験が 洒落にならない怖さだった その父の友人(仮にAさん)は、夜釣りが好きで、といっても素人なんで 某海岸線の道路脇の、テトラポットが並べてある場所がお決まりの 釣り場所があって、そこは内海になるので、テトラポットの上に立っ...続きを読む

いらっしゃいませ

950 いらっしゃいませ1/2 ◆BxZntdZHxQ sage New! 2008/04/29(火) 21:40:17 ID:6CNjdJyS0 いとこのバイト先の話をしようか。 従姉と言っても、学年は俺と同じ。もうすぐまた一つ年上になる、それだけの差だ。 同い年の従姉、美保は最近外食チェーン店で働き始めた。 「ナオは前にもあたしと同じモノを視てるから、信じてくれると思うんだけどさ。」 この間顔...続きを読む